XMを知る

XM(エックスエム)証拠金維持率とは?計算方法とロスカット関係

ポイント
この記事は約3分で読めます。

XMtrading(エックスエム)でのFX資金管理において欠かせない「証拠金維持率」という数値について、分かりやすく解説します。証拠金維持率の計算方法、ロスカットの関係性について、詳しく見ていきましょう。

XM公式HP  XM会員ページ

XMtrading(エックスエム) 証拠金維持率とは?

証拠金維持率とは、純資産(口座の時価評価総額)に対する必要証拠金の割合を示す数値で、分かりやすく言い換えれば「口座の余力を示す数値」です。単位は「%」。

必要証拠金に対して純資産が多ければ多いほど証拠金維持率は高くなり、証拠金維持率が高ければ高いほど口座の余力が多いとみることができます。

証拠金維持率が100%を下回ると、必要証拠金よりも純資産が少なくなったことを意味するため、新たなポジションを持つことができなくなります。

また、証拠金維持率が一定水準を下回ると、投資家の意思に関係なく手持ちのポジションが強制的に決済される「強制ロスカット」が発動します。強制ロスカットについては、この後詳しくご紹介しますね。

計算式

「口座の時価評価総額」と「必要証拠金」を下の式へ当てはめれば、現時点の証拠金維持率を求めることができます。

なお、必要証拠金は「取引量(O通貨) x 現在の為替レート ÷ 口座の最大レバレッジ」で求めることができます。

証拠金維持率の計算式

口座の時価評価総額 ÷ 必要証拠金 x 100 (%)

具体例:残高5万円、XM(レバレッジ888倍)でユーロドル10万通貨を保有

口座残高は5万円、取引ペアはユーロドル(EUR/USD)で、為替レートは1ユーロ = 1.1ドルとし、含み損も含み益も出ていない状態と仮定します。なお、ドル円レートは1ドル = 110円とします。

必要証拠金は123.8ドル(計算式:100,000通貨 x 1.1 ÷ 888倍レバ)で、日本円にすると13,626円(123.8 x 110)。

証拠金維持率の計算式は50,000円 ÷ 13,626 x 100となり、証拠金維持率は366.9%となります。

XM(エックスエム)必要証拠金とは?計算方法やレバレッジとの関係
XMtrading(エックスエム)でFXを始めるにあたって知っておきたい用語はいくつか存在しますが、初めの投資額を決めるうえで欠かせないのが「必要証拠金」です。 必要証拠金とは一体何なのか?、必要証拠金の計算式について分かりやすく解説していきます。 XM公式HP  XM会員ページ XMtrading(エックスエム) 必要証拠金とは? 必要証拠金(ひつようしょうこきん)とは、ポジショ...

MT4やMT5ではひと目で証拠金維持率が分かる

MT4やMT5では、ポジション管理を行うターミナルウィンドウにて「証拠金維持率」が表示されており、そこを見ればひと目で証拠金維持率をチェックできます。ポジションの損益が変動するたび、証拠金維持率も上下します。

ロスカットの関係性について

証拠金維持率と深い関係にあるのが「ロスカットレベル」です。

ロスカットレベルとは、強制ロスカットが発動する証拠金維持率の水準のことで、業者によって異なります。例えばXMTradingの場合は20%と定められているので、証拠金維持率が20%を下回ったときに強制ロスカットが発動します。

ロスカットレベルが低ければ低いほど強制ロスカットされるまでの余力が増し、逆に高いとロスカットされやすくなります。

ハイレバレッジ口座を選ぶ際、ついつい「レバレッジ」ばかりを注視しがちですが、あわせて「ロスカットレベル」もチェックすることが大切です。

XM公式HP  XM会員ページ

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました