海外FX知恵袋

海外FX ロットとは?最大ロットとレバレッジの関係も解説!

この記事は約6分で読めます。

「ロットって何?」
「○○ロット○○円ってなってるけど何の値段?」

そんな疑問をお持ちではありませんか?

「ロット」とは単位のこと。
しかし、普段使いする単位とは少し異なるもので、定義付けが難しい単位となっています。

そんなロットの定義付けと合わせて、今回は損益に関わるレバレッジとの関係性まで徹底解説。
理解を深めて安定した取引を行える様にしていきましょう。

ロットとは?海外FXにおける定義

ロットとは、取引を行う際の単位のこと。
海外FXの取引では「1通貨」ごとの取引は行われず、「10,000通貨毎」などの取引が行われます。

小分けのお菓子袋を入れた、大きなお菓子袋を「1袋」と数える表現を「ロット」と表すと考えるとイメージしやすいでしょう。

ロットは取引をシンプルにするために必要!

海外FXでロットの取引方法を採用している理由は、取引をシンプルにする事で大きなミスを回避するためです。

例えば、100万円の取引を行う場合「1,000,000」と入力する必要があります。「0」の単位が多ければ多いほどミスタイプの可能性が生まれるため、ロットの取引方法を採用しているのです。

ロットを使った取引であれば、「1ロット10万円」なら、100万円の取引も10ロットの注文で済むようになります。
よってで、ミスタイプに配慮する必要もなく利用する事ができます。

海外FX業者の最大ロット数・最小ロット数を徹底比較

FX業者最大ロット数最小ロット数
A社1000ロット0.01ロット
B社50ロット0.01ロット
C社100ロット0.01ロット

注文できる最小ロット数はどの業者でも0.01ロットからですが、最大ロット数については業者ごとに大きな違いがあります。

A社の最大ロット数は1000ロットで、最大取引量が一番大きいのが特徴。
大口の取引を行いたい方におすすめ業者です。

一方B社では最大ロット数が50ロットで取引量が少ないのが特徴。
個人間での取引などを検討している方には、小口の取引が行われる業者がおすすめです。

最大ロット数に関しては「一回の注文に対しての最大ロット数」であるため、複数回の注文を行えば、上限に関係なく大口の取引を行うことも可能です。

FXの損益はロット数×レバレッジ倍率で変動する

FXの損益はご自身で購入した、ロット数とレバレッジの倍率で大きく変わります。

レバレッジとは、自分の資産を業者に預けることで、自分の持っている資産の何倍もの金額のFX取引ができるようになる仕組みのこと。
レバレッジはロット数と密接な関係にあり、どちらかを変えると、もう一方も連動して変動していくのが特徴です。

例えば、「1ロット1万通貨」「1通貨あたり100円」の取引を行うとすると、1ロットの購入に必要な金額は100万円となります。

この取引に対して必要な自分の資産はレバレッジ倍率によって変動し、レバレッジ10倍なら1万円、レバレッジ25倍なら4万円が必要です。
計算は以下の通り。

  • 100円×10,000÷10倍=10,000円(証拠金)
  • 100円×10,000÷25倍=4,000円(証拠金)

取引をする際に最低限必要なお金のことを証拠金と言います。
損失が証拠金を超えてしまうと強制的に決済が行われ、自分の資産が失われてしまいます。

ロット数が増えれば当然必要な証拠金も増えていくため、レバレッジ倍率と取引ロット数に注目しながら、取引を行うようにしましょう。

海外FXの初心者は1,000通貨を目安に取引する

海外FXになれないうちは大きなロット数で取引を行わず、1,000通貨から取引が可能なロット数を目安に取引を始めましょう。
また、1ロット10万通貨の取引量が定められているものであれば、0.01ロットの取引を行うのがおすすめです。

上記の様な取引内容は必要な証拠金が少なく、損失を小さく抑えることができるため、初心者の方でも比較的安心して取引にのぞむ事ができます。

ロット数が少なくなる分、利益も小さくなりますが、海外FXの流れやコツを掴むために、練習と割り切って取引をしてみると良いですよ。

手持ち資金の2%〜3%程度のロット数が目安

ロット数の目安は、自分の資産の2〜3%がおおよその目安と言われています。
取引の回数を増やすことができるかつ、資金が底をついてしまう心配もないため、利益が出しやすいラインとなっています。

大きく資産を動かせば大きな利益を目指すこともできます。
ただし、損失額が大きくなってしまうリスクを考慮すると、自分の資産の2〜3%のロット数を目安に海外FXを利用する事が安全です。

「ロット」と「枚」の意味は同じ!

FXの取引をしていると「枚」という言葉を見かけることもあるでしょう。「枚」とは、ロットと全く同じ意味で、日本国内のFX業者が用いている取引量の単位となっています。

海外のFX業者が1ロット10万通貨なのに対して、国内のFX業者は1枚1万通貨の業者が多いという違いがありますが、考え方はロットと同じです。

GEMFOREXのロットに関するご質問

ロットの取り扱いについて、業者によって若干の違いがあります。
GEMFOREXにおける、取引可能ロット数、1ロットあたりの証拠金について解説していきます。

GEMFOREXの取引可能ロット数はいくら?

最大ロット数30ロット
最小ロット数0.01ロット

GEMFOREXでは最大ロット数が30ロットとかなり低めに設定されています。
1ロットは10万通貨になっているため、一度に取引できる通貨は最大で300万通貨です。

また、最小ロット数は0.01ロットからなので、初心者でも安心して利用できるロット規程といえます。

GEMFOREXの口座開設はこちら

GEMFOREX 個人口座/法人口座の開設方法
海外FX GEMFOREX(ゲムフォレックス)の人気の秘密は期間限定ボーナスの豪華さと、安心・安全に取引できることでしょう。 専業主婦・大学生や未成年(年齢制限18歳以上)も口座開設可能です。 「GEMFOREXの口座開設って本当に簡単なの?」 「海外FX業者に口座開設で必要なものって何?」 「GEMFOREXのボーナスってすぐもらえるの?」 GEMFOREXに興味があるけれ...

GEMFOREXの1ロットあたりの証拠金はいくら?

GEMFOREXのレバレッジは最大で1000倍です。

そのため最大のレバレッジ倍率を選択し、1通貨100円の通貨を1ロット分で取引を行う場合に必要な証拠金はわずか1万円となります。

総取引額は1000万円で、一般的なレバレッジである10倍や25倍のレバレッジに比べると遥かに少ないことがわかります。

レバレッジの倍率によって必要な証拠金が変わりますので「総取引額÷レバレッジ倍率」の計算式で、実際に必要な証拠金を計算してみましょう。

まとめ

ロットとはFXで取引を行う際の単位のことで、金額が大きくなりがちなFX取引において、数字の入力ミスを防止しする役割を担っています。

日本の国内FXで使われている「枚」と同じ単位表記で、海外のFX業者の多くは1ロット=10万通貨で定義されていることも覚えておきましょう。

ロット数はレバレッジとともに、損益に大きく関わってくる大事な要素なので、まずは1,000通過を目安に海外FXを利用してみましょう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました