FXGT始め方

海外FX FXGTの安全性とは?ライセンスや信託保全について

FXGTロゴ
この記事は約13分で読めます。

FXと仮想通貨を融合させたハイブリッドな海外FX業者「FXGT」(エフエックスジーティー)。そんなFXGTの「安全性と特徴とは?」「ライセンスや信託保全は?」の疑問にお答えします。

最大レバレッジ500倍で取引できて、取扱銘柄も豊富。ボーナスやキャンペーンも積極的で、最大手のXM(XMTRADING)から乗り換える人も続出している注目の業者です。

関連記事

FXGT目線で王者XMTradingと徹底比較
2020年になってFXGT(エフエックスジーティー)という海外FX業者が注目を集め始め、設立から1年足らずにも関わらず日本のFXサイトで話題になった。 FXGTは仮想通貨のデリバティブ取引所「CryptoGT」の経営陣によって設立され...

この記事では、FXGTの安全性・評判・特徴について解説します。

FXGT公式HPを確認する

FXGT(エフエックスジーティー)の会社概要・安全性

会社概要

FXGTの運営会社は360 Degrees Markets Ltdというセーシェル共和国の法人。セーシェル金融庁に認可されていて、金融ライセンス(登録番号:8421720-1)を所有しています。

会社の住所はSuite C, Orion Mall , Palm Street, Victoria, Mahe, Seychelles

セーシェルライセンスを取得するのは簡単で、これ単体だけでは正直信頼性が高いとはいえません。

また、FXGTは2019年12月にサービスが始まったばかりの新興業者なので、リーマンショックやスイスフランショックといった大きな相場変動をまだ経験していません。

例えば、XMTRADINGの場合は幾度となく金融危機を経験していますが、持ちこたえられるだけの資本力があるからこそ今日まで運営され続けてきました。同様の金融危機が起こった際にFXGTはどこまで耐えられるのかは甚だ疑問です。

幸いにも、運営が開始されてから今まで、目立った出金トラブルや不正なレート操作などの報告は確認されていません。しかし、運営歴が浅いことや、資金の保全方法が分別管理のみであることを鑑みると、やはり多額の証拠金を預けることはおすすめできません。

安全性

セーシェルの金融ライセンスを取得

業者の信頼性をはかるうえで大切な指針となる金融ライセンス。FXGTはセーシェル金融庁のライセンスを取得しています。登録番号は「8421720-1」。

セーシェルライセンスを取得するのは簡単で、これ単体だけでは正直信頼性が高いとはいえません。

しかし、FXGTのグループ会社であるISPASS Technologies Ltdは、一部の優良な業者しか取得していないキプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンスの持っているので、一定の信頼性はあるとみて良いでしょう。

FXGT公式HPを確認する

関連記事

海外FX業者が持つ金融ライセンスとそれぞれの違い
海外のFX業者を選ぶ際、その業者が信頼できるかどうかの見極めは非常に重要です。 しかし、海外の業者の場合は何をポイントにして、信頼性を測れば良いのかわからないもの。 そんな時に注目して欲しいのが金融ライセンスの存在です。 一言で金...

2019年12月に運営開始したばかりで運営歴が浅い

事業実態については特に問題のなさそうなFXGTですが、ネックになるのが運営歴の浅さでしょう。

2019年12月に運営を開始したばかりの新興ブローカーのため、リーマンショックやスイスフランショックといった大きな乱高下を一切経験していないため、どれほどの資本力と回復力があるのかは分かりません。

顧客獲得に躍起になっているためか、赤字を心配してしまいそうなほど派手なボーナスキャンペーンを連発していますが、今のところ出金拒否やトラブルは確認されていません。

FXGT公式HPを確認する

FXGT 口座開設方法・アカウント認証手続きのご案内
海外FX FXGTの口座開設方法は、詳しい個人情報を入力したり本人確認書類をアップロードしなくても、入金(5,000ドルまで)して取引を始めることができます。 口座開設フォームで名前とメールアドレスを入力すれば、誰でも1分程度でアカウ...

怪しいと思われがちな理由

FXGTはまだ認知度が低く、「怪しい」「胡散臭い」と運営実態に不信感を抱いている方も多いようです。

日本の金融庁に認可されていない

FXGTを使う上での最大の懸念点は、日本の金融庁に営業を認可されていないということです。

まず大前提として、日本の金融庁に認可されていない業者は、日本国内で金融事業を行ってはいけません。金融商品取引法により規制されています。ならば「日本の金融庁に認可されていないFXGTは違法なのでは?」という声も聞こえてきそうですが、実は法的には問題ないのです。

FXGTのWebページのいちばん下にある文言を読んだことがありますか?

FXGTはJFSA並びにESMAの監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、当ウェブサイトは日本又はEU諸国の居住者を対象としておりません。

FXGTについて | FXGT

JFSAは日本の金融庁、ESMAは欧州証券市場監督局のことで、FXGTは日本やEU諸国の居住者に向けてサービスを提供していないことが明記されています。

FXGTでは日本の居住者に向けてサービスを提供していないものの、たまたま日本からもアクセスできる状況となっているわけです。Webページが日本語対応しているので、一見すると日本居住者向けにサービスを提供しているようにも思えますが、海外在住の日本人向けにサービスを提供していると説明すればしっくりきますよね。

金融商品取引法とは日本国内のFX業者を取り締まるための法律ですので、海外のFX業者に効力は及びません。そして、我々トレーダーが自主的に海外FXを利用するぶんには法的に何ら問題がないため、日本人がFXGTを利用しても違法ではないことがわかります。

信託保全がなく分別管理のみ

第二の懸念点としては、資金の保全体制が十分でないことが挙げられます。

海外FX業者の資金の保全体制は主に「信託保全」と「分別管理」の2つに分けられ、その内容は大きく異なります。

分別管理とは

分別管理とは、投資家から預かった資金を業者の自己資産と明確に分けて管理する方法です。事業用のお財布とプライベートなお財布を分けて管理する、みたいなイメージになります。

FX業者が破綻しない限り、トレーダーの資金は安全に管理されますが、万が一破綻や経営難に陥った際に債権者からトレーダーの資金を差し押さえられてしまう可能性もゼロではありません。可能性はかなり低いですが、預けた資金が戻ってこないこともあり得るのです。

信託保全とは

一方、信託保全とは、顧客から預かった資金を銀行等の第三者へ信託することで保全する仕組みです。業者の自己資産とは完全に切り離された状態で管理されていて、常に第三者の監視下で運用されているため、業者に持ち逃げされたり債権者に差し押さえられる恐れはありません。

万が一FX業者が破綻した場合でも、預けていた資金は受益者代理人を通じて確実に返却されます。

分別管理よりも信託保全のほうが安全であることは疑いようもありません。

ではFXGTはどうかというと、残念ながら分別管理のみで、信託保全は設けていません。また、分別管理であったにしても保管先の銀行を明かしているFX業者が多いのですが、FXGTは銀行すら不明です。

資金の保全体制に関しては評価に値しないレベルで、万が一FXGTが倒産したら資金が戻ってこない可能性は否めないため、まとまった資金を長期間預けておくことはおすすめしません。また、利益が出たらこまめに出金することを心がけましょう。

ただ、FXGTは最大500倍というハイレバレッジのおかげで、預ける証拠金は最小限で済みます。例えば、10万円あればドル円で最大40万~50万通貨ものポジションを持てるので、まとまった資金をリスクに晒さずにトレードできるのが魅力でしょう。

FXGT公式HPを確認する

関連記事

海外FXの信託保全とは?安全性を見極める金融ライセンス3選
「信託保全じゃないと不安だな」 「海外FXには信託保全はないの?」 海外FXを利用してみたいけれど、信託保全の有無が大きな不安材料になっているといった方も多いのではないでしょうか。 そもそも信託保全とは何なのか? 信...

FXGT(エフエックスジーティー)の特徴・評判

特徴ー10のメリット

FXのみならず仮想通貨や株式指数など幅広い商品をトレードできる

FXGTはCryptoGTという仮想通貨デリバティブ取引所の運営陣が立ち上げたという経緯があり、CryptoGTの基本設計を保ちつつFX要素を強めたブローカーとなっています。

公式サイトでも「ハイブリッドな取引所」と謳われているとおり、FXと仮想通貨のどちらも取引できるのが特徴で、現時点では48種類もの豊富な通貨ペアと、13種類の仮想通貨ペアを取り扱っています。

さらには、貴金属、原油、株式指数、米国の個別株もCFD商品として提供していて、それらはすべて一つの口座で取引できます。対抗馬として挙げられがちなXM(XMTRADING)よりも多くの銘柄を取り扱っているので、様々な商品を取引してヘッジしたい方はXMよりもFXGTを使うべきでしょう。

最大500倍のハイレバレッジ

FXGTでは最大500倍という並外れたハイレバレッジで取引できます。

貴金属、原油、株式指数、個別株は例外的に最大100倍のレバレッジとなっていますが、通貨ペアと仮想通貨ペアはすべて最大500倍。

数百倍はおろか1,000倍以上も珍しくない海外FX業者のなかでは、500倍という数字はインパクトに欠けるのも事実。しかし、25倍で肩を並べる日本のFX業者と比べれば実に20倍もの差で、国内業者では考えられないほど少ない証拠金でトレードできるのが魅力です。

FXGT公式HPを確認する

土日も仮想通貨をトレードできる

FXGTでは土日祝日でも仮想通貨をトレードできます。平日はFX、休日は仮想通貨といった具合で、24時間365日いつでもトレードできるのはFXGTならではの魅力です。

[海外FX]ビットコイン・イーサリアム取引ならFXGTがおすすめ!
仮想通貨のレバレッジ取引といえば、国内取引所のDMM BitcoinやbiyFlyerなどが有名ですが、最大レバレッジが4倍と低いのが難点。いくらビットコイン・イーサリアムの相場変動が激しいとはいえ、たった4倍のレバレッジでは爆発的に利益を...

ゼロカットがあるので追証が発生しない

FXGTでは「ゼロカットシステム」を導入しているため、追証(おいしょう)が絶対に発生しない仕組みとなっています。

FX業者にはまず例外なく「強制ロスカット」が設けられていて、証拠金維持率が一定のレベルを下回った段階で強制的にポジションが精算されます。強制ロスカットはいわば口座残高がゼロになるのを防ぐための安全装置です。

ところが、数分で100pips以上も動くような急変動に巻き込まれると、本来頼りになるはずのロスカットが遅れてしまい、結果として口座残高を超える損失が出てしまう恐れがあります。2015年1月に起きたスイスフランショックや、2019年始のアップルショックなどがその際たる例ではないでしょうか。

日本のFX業者では、口座残高を超えるマイナス分を「追証」として顧客へ請求します。追証が膨らんでしまうと、それはつまり莫大な借金を背負うことに他なりません。

しかし、海外FXとなれば話は別。FXGTに限らず、多くの海外FX業者では「ゼロカットシステム」を取り入れているため、追証が請求される心配がありません。

ゼロカットシステムとは、口座残高を超える損を被って残高がマイナスになってしまった場合に限り、そのマイナス分を業者側が肩代わりする=マイナス残高をゼロに戻してくれるというもの。

追証が請求される恐れがなく、預けた証拠金以上に損する心配がありません。

追証が請求されないという点においては、国内のFX業者よりも海外FXのFXGTのほうが安全です。

FXGT公式HPを確認する

関連記事

海外FXに追証がない理由やゼロカットシステムについて徹底解説!
「海外FXには追証がない理由が知りたい」 「ゼロカットシステムの仕組みが知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 国内FX業者で取引を行われている方の中には、海外FXに追証がないことやゼロカットシステムを知らない方も多...

仮想通貨ペアのスプレッドが狭い

FXGTの前身に当たるCryptoGTは、他の仮想通貨取引所よりもスプレッドが狭いことから多大な人気を博しています。

では、FXGTのほうはどうかというと、CryptoGTほどでは狭くはないものの、国内の取引所「DMM Bitcoin」に比べると明らかにスプレッドが狭いことがわかります。(BTCUSDやETHUSDなど米ドル建てペアではもっと狭いです。)

銘柄FXGTCryptoGTDMM BitcoinGMOコイン
BTCJPY500円350円1,240円540円
ETHJPY50円11円183円20円
XRPJPY0.900円0.099円0.225‬円0.110円
BCH/JPY60円62円330円56円
LTCJPY16円15円69円31円

関連記事

海外FX FXGTのスプレッドを徹底検証
海外FX FXGTの取扱銘柄とそれぞれのスプレッド・スワップポイントについて解説します。 FXGTの取扱銘柄とスプレッド・スワップポイント FX通貨ペア 現在は9種類のメジャー通貨ペアと7種類のクロス円ペアをはじめ、計48種類...

ボーナスやキャンペーンが充実

海外のFX業者のメリットとして、よく「ボーナスが充実している」という点が挙げられますが、FXGTもボーナスやキャンペーンが充実している業者のひとつです。

XMのように常時実施しているボーナスはありませんが、様々なボーナス・キャンペーンが入れ替わりながら開催されています。

FXGT公式HPを確認する

本人確認をしなくても使い始められる

FXGTでは、詳しい個人情報を入力したり本人確認書類をアップロードしなくても、入金(5,000ドルまで)して取引を始めることができます。

口座開設フォームで名前とメールアドレスを入力すれば、誰でも1分程度で口座を作れてしまうので、あまりの手軽さに拍子抜けしてしまうでしょう。

もちろん、資金を出金する際には必ず本人確認を行う必要がありますが、本人確認が面倒くさいという方は後回しにしても問題ありません。ただし、多額の利益を出した場合や、カード入金する際は本人確認が求められるケースもあるため、その際はカスタマーサポートの指示に従いましょう。

入出金手段が充実している

入出金手段が充実しているのもFXGTのメリットです。現在FXGTで利用できる入手金方法は以下のとおり↓

  • クレジットカード・デビットカード
  • 仮想通貨(BTC、ETH、XRP、USDT)
  • bitwallet
  • STICPAY
  • 海外銀行振込

関連記事

FXGTの入金方法 徹底解説
FXGTの口座開設を済ませたら、次は資金を入金しましょう。FXGTはたった10ドル(約1,000円)から入金できるので、お試し感覚で手軽にFXトレードを始められます。 手数料 反映時間 最低入金額 カ...
FXGTの出金方法 徹底解説
FXGTの様々な出金方法について、解説します。 手数料 反映時間 最低出金額 カード返金 無料 2営業日 (カードへ反映するのは 1週間~1ヶ月ほど) 10ドル~ 仮想通貨 無料...

最低入金額がたったの10ドル〜

FXGTの最低入金額はたったの10ドル、日本円にするとわずか1,000円ほど。

ちなみに、1,000円あればドル円(USDJPY)ペアで最大5,000通貨=0.05ロットのポジションを持てます。たったの0.05ロットでも、毎日コンスタントに20pips獲ることができれば月に400pips、2万円の利益を得られるので、少額からでも取引を始める意義は大いにあるでしょう。

ハイレバレッジなおかつ最低入金額が低いFXGTは、まとまった資金をリスクに晒したくない初心者トレーダーにうってつけの業者です。

Webサイトやカスタマーサポートが日本語対応なので安心

海外のFX業者と聞くと「英語力に自信がないけど大丈夫かな…?」と不安を抱く方は少なくないでしょう。しかし、FXGTには日本人スタッフが在籍しているため、日本語対応は国内業者並みに整っています。

Webサイトはほぼすべて日本語表示に対応していますし、カスタマーサポートも日本語対応しているため、むしろ英語を使う場面のほうが圧倒的に少ないのです。

FXGT公式HPを確認する

特徴ーデメリット

メリットばかりが目立つFXGTですが、実はデメリットもいくつか存在します。

ここからは、FXGTを使う前に知っておきたい3つのデメリットを解説します。

FX通貨ペアのスプレッドはそこまで狭くない

仮想通貨ペアのスプレッドはかなり狭いのですが、残念ながらFX通貨ペアのスプレッドはそこまで狭くありません。ライバル業者のXM(XMTRADING)とほぼ同じで、HotForexやiFOREXと比べると割高感は否めません。

通貨ペアFXGTXMHotForexiFOREX
EURUSD1.61.61.10.6
GBPUSD2.22.11.71.1
USDJPY1.61.61.70.7
AUDUSD1.81.91.41.0
USDCAD2.32.11.82.0
EURJPY2.22.51.51.2
GBPJPY3.53.32.32.3
AUDJPY3.03.32.33.0

20〜30pips以上を狙うデイトレードであれば特に支障ないレベルですが、10pips以下を何度も抜いていくようなスキャルピングではスプレッドが足を引っ張ってしまいます。

口座を90日間放置すると手数料がかかる・凍結される

90日間連続して取引を行わず放置してしまうと、その口座は「休眠」状態となります。

休眠扱いになったタイミングで残高が残っている場合、以降は月々30ドル(3,000円)の休眠口座手数料が引かれていき、資金が30ドル未満になると口座が凍結されて使えなくなります。

XMにも同様に休眠口座という仕組みがありますが、XMは口座維持手数料が5ドルなのに対しFXGTは30ドルも引かれてしまうので、口座の放置にはくれぐれもお気をつけください。

FXGT公式HPを確認する

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました