GEMFOREXを知る

GEMFOREXでゴールド(金・GOLD)を取引。特徴とメリット

この記事は約9分で読めます。

海外FXのGEMFOREXでは、FX通貨ペアのみならず数多くのCFD商品を取引可能で、GOLD(金・ゴールド)もCFD商品として取り扱っています。

この記事では、GOLD(金・ゴールド)のCFD取引の概要やGEMFOREXでGOLDを取引する方法とそのメリットについて詳しく解説していきます。

この記事を読んでわかること

  • GOLDのCFD取引の概要
  • GEMFOREXで金を取引する際に知っておきたいこと(必要証拠金や損益の計算方法)
  • GEMFOREXで金をトレードするメリット(スプレッドなど)
  • GEMFOREXでゴールドをトレードする方法
  • 金相場で成功するためのポイント

GEMFOREX 公式サイト

GEMFOREXならゴールドを簡単に取引できる!

「ゴールド」と聞くと、金のインゴットを購入して金庫に保管しておく…みたいなイメージを思い浮かべる方が多いかと思います。

もちろんそれは金の代表的な運用方法のひとつではありますが、金は「世界共通の通貨」として扱われている側面もあることから、価格の変動を狙って売買の差額だけをやり取りする差金決済取引「CFD取引」も盛んに行われています。

実際に金の現物を売買するのではなく、証拠金を担保にして売買の結果生じた差額のみを取引するため、「レバレッジ」をかけて手持ちの証拠金の何倍も大きな取引ができるのが特徴です。

皆さんよくご存知のFXもCFD商品のうちのひとつですので、「金をFXみたいに取引できる」という認識が適切でしょう。実際に金を売買するのではなく、金を買ったこと・売ったことにしておいて、決済のときに注文時との差額のみをやり取りします。

GEMFOREXのゴールド(金)の取引条件

GEMFOREXのゴールド(金)の取引条件は、FXの取引と同じ条件項目もあれば異なる場合もあります。

以下の項目を詳しく見ていきましょう。
◯レバレッジ
◯取引時間
◯スプレッド
◯LOT
◯スワップポイント
◯必要証拠金

レバレッジ

先述したとおり、GEMFOREXのゴールドはレバレッジ1000倍まで取引可能です。

FXの取引でも最大レバレッジは1000倍ですので、同じ条件でトレードできますね。

他の海外FX業者でもゴールドを扱っている業者はありますが、GEMFOREXのようにFXとゴールドのレバレッジが同じ業者は少ないです。

以下でFBSとAXIORYの2つの海外FX業者とGEMFOREXでゴールドのレバレッジを比較してみました。

【海外FX業者のレバレッジ一例】

このように、FXのレバレッジに比べゴールドのレバレッジを低く定めている海外FX業者もあります。

明確な理由の記載はありませんが、やはりゴールドのボラリティが激しいことが原因ではないでしょうか。

では続いて、ゴールドの取引時間について確認しましょう。

GEMFOREX 公式サイト

取引時間

GEMFOREXのゴールドの取引時間は、以下のとおりです。

ゴールドの取引時間
冬時間:月曜8:20-土曜6:40
夏時間:月曜7:20-土曜5:40

※このうち冬時間では6:40〜8:20、夏時間では5:40〜7:20が取引不可

ゴールドはFXより毎日1時間程長くメンテナンスの時間を設けており、この時間内は取引ができないので注意が必要です。

では続いてゴールドのスプレッドについて見ていきます。

スプレッド

GEMFOREXのスプレッドは変動制です。筆者の実測ですが、GEMFOREXのゴールドのスプレッドは以下のようになっています。
(XAU/USD)のスプレッド

オールインワン口座 3.0~4.0pips

ノースプレッド口座 2.1pips

メンテナンス時間の前後や、市場参加者が減少する早朝はスプレッドが開きやすいので注意が必要です。

ではゴールドのロットについて確認していきましょう。

ロット

GEMFOREXのゴールドは1ロット=100oz(オンス)です。

2021年6月10日時点のゴールドは1oz=約1870米ドルとなっています。

仮に1米ドル=110円とすると、1oz=205700円で1ロット=20570000円が必要になります。

なおGEMFOREXの最低ロットは0.01ですので、205700円が取引に必要となる最低金額です。

続いてはゴールドのスワップポイントについてです。

GEMFOREX 公式サイト

スワップポイント

ゴールドの現時点のスワップポイントはロング・ショート共にマイナスです。

2021年6月10日時点でのゴールド(XAUUSD)のスワップポイントは以下です。
ゴールドのスワップポイント

ロングスワップ : -2.17

ショートスワップ : -1.04

ゴールドのデメリットは、保有していても利息を生まないことです。

スワップポイントを得られるどころか、保有しているとスワップポイントが差し引かれてしまいます。ゴールドは長期トレードにはあまり向いていないということですね。

最後に必要証拠金について見ていきましょう。

必要証拠金

先ほどロットの部分でも触れましたが、GEMFOREXの最低ロットは0.01ですので、205700円が取引に必要証拠金(口座に必要な金額)となることをお伝えしました。

しかしここで、先ほどのレバレッジを思い出してください。GEMFOREXのゴールドは最大レバレッジ1000倍でしたよね。

0.01ロットでも205700円が必要でしたが、最大レバレッジ1000倍ですので必要証拠金は205.7円(205700÷1000)で済みます。

つまりゴールドのレートによりますが、口座に200円前後のお金があればトレードができるということになりますね。

GEMFOREX 公式サイト

GEMFOREXでゴールドをトレードするメリット

ゼロカットがあるので追証は発生しない

「追証」(おいしょう)とは、追加証拠金(ついかしょうこきん)の略で、取引口座の証拠金維持率が一定の水準を下回った際に求められる追加入金のことです。

通常であれば、追証が発生してもその後強制ロスカットが発動して解消されるので、口座残高がゼロになる可能性は低いといえます。しかし、数分で100pips以上も動くような相場の急変動に巻き込まれると、本来頼りになるはずのロスカットが効かなくなり、結果として口座残高を超える損失が追証として請求される恐れがあるのです。

日本国内のFX業者や証券会社には、例外なく追証が設けられています。国内業者で取引するということは追証という不意の借金に襲われる危険性があるので、それを重々覚悟の上トレードしなくてはなりません。

一方、海外のFX業者では、追証が発生しても業者側が補填してチャラにしてくれる「ゼロカット」という仕組み

使いやすいチャートツール「MetaTrader」で取引できる

TitanFXはロシアのMetaQuotes Software社が開発した「MetaTrader」を取引プラットフォームとして採用しています。海外FX界隈では「取引ツールといえばMetaTrader」といわれるほど主流で、現在はMetaTrader 4(MT4)とMetaTrader 5(MT5)の2種類が配信されています。

MetaTraderの主な機能はチャート表示とポジションの発注・決済で、MetaTraderに対応したFX業者を選べば、チャート分析から取引までMetaTraderひとつで完結するのでとても便利です。

もともとはWindows用のアプリケーションですが、GEMFOREXではMacへ対応させた「Mac対応MT4」と「Mac対応MT5」を配信しているので、Macユーザーの方でも安心して取引を始められます。Webブラウザ上で動作する「MT4 WebTrader」と「MT5 WebTrader」も配信されており、こちらはOS問わず動作します。

また、iPhone・iPadとAndroidスマートフォン向けにもアプリが配信されているので、パソコンをお持ちでない方でも問題なく取引できますよ。

GEMFOREX<でゴールドを取引する方法

MT4/MT5を起動したら、メニューバーの「View」の中にある「Symbols」をクリック。

スマホの場合は、右上の+を押し、metalを選択。

すると、GEMFOREXで取引できる銘柄がずらーっと出てきますので、「GOLD」という銘柄名をダブルクリックして気配値一覧へ加えましょう。

ウィンドウ左側の気配値一覧に目当ての銘柄が出てきたらセットアップ完了です。

GEMFOREX 公式サイト

金相場で稼ぐために知っておきたいポイント

ボラティリティが高くてトレンドが出やすい

金は為替相場よりもボラティリティ(変動幅)が高く、ユーロドルやドル円の1.5倍から2倍近く変動します。

スキャルピングやデイトレードなどの短期トレードでは、ボラティリティが高い銘柄のほうが利益が出しやすいため、ゴールドの活発性はとても魅力的です。

また、金の価格はトレーダーの思惑が反映されやすい傾向があり、ひとたび一方向へ動き出すと目に見えてわかりやすいトレンド相場を形成します。これはあくまでも筆者の主観になりますが、為替よりもレジスタンス・サポートラインが効きやすく、裁量トレードしやすい印象を受けます。

金価格と米ドルは逆相関

米ドルは世界の基軸通貨ですので、世界の様々な商品や通貨が米ドル建てで取引されています。

それに対し、金は世界共通のいわば“無国籍通貨”という性質を持ち、日本円やスイスフランとあわせて安全資産とされていることから、リスクオフ・米ドル安の場面では金価格が上昇し、逆にリスクオン・米ドル高の場面では金価格は安くなる傾向があります。

下のチャートは金価格とドル円を比較したチャートで、綺麗な逆相関であることが見て取れます。

地政学リスクが高まると「有事の金」が買われる

テロや戦争などの軍事的なリスクや国同士の対立といった政治的なリスク、金融危機など、株式市場や為替市場に大きく影響を及ぼす可能性のある不確実要素のことを「地政学リスク」といいます。

近年の例では、2001年のアメリカ同時多発テロ事件、2003年のイラク戦争、2008年のリーマンショック、2010年のギリシャ危機、2016年のイギリスEU離脱など、2019年から現在に至る米中貿易戦争などが挙げられますね。

地政学リスクが高まると、リスクオフムードが高まり金価格も上昇しやすい傾向があるため、その時々のムードを読み取ることが金相場で利益を生むためのコツとなるでしょう。

長期的に見ると値上がりする可能性が高い

これまで世界中で発掘されてきた金の総量は約17万トン、50mプール3杯分に相当し、今後掘り出すことができる埋蔵量は6〜7万トンしかないと言われています。

つまり、すでに地球上の金の3分の2を発掘してしまったため、残りの3分の1を掘り尽くしてしまうと新たな金はもう手に入りません。

採掘できる量が決まっていて、なおかつ今後希少性がますます高くなっていくことを考えると、金価格は長期的に上昇していく可能性が高いといえるでしょう。

GEMFOREX 公式サイト

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました