海外FX知恵袋

海外FXでハイレバレッジ取引をするメリット・デメリットを徹底解説

この記事は約6分で読めます。

海外FXなら、高いレバレッジで取引ができます。

「ハイレバレッジでのトレードは怖い」
「大損して借金を抱えてしまいそう」

ハイレバレッジ取引に興味はあるものの、このような不安をお持ちではありませんか?

しかし、正しい知識を持って取引を行えば問題ありません。

この記事ではハイレバレッジ取引のメリットとデメリットを中心に解説しています。
注意点も説明しているので、この記事を読んでハイレバレッジトレードの理解を深めましょう。

海外FXで効率よく取引できる仕組み、ハイレバレッジを解説

 

レバレッジとは、少ない資金で大きな金額の取引ができる仕組みのこと。
レバレッジをかけると、少ない資金を大きく動かすことができる「てこの原理」で、手元資金の何倍もの金額を取引できます。

通常、1万円の資金であれば1万円分の取引しかできません。
しかし、レバレッジをかけると取引できる金額は以下のようになります。

  • レバレッジ10倍なら10万円
  • レバレッジ1,000倍なら1,000万円

取引金額にあわせて損益に与える影響も大きくなります。
レバレッジをかけていないと、ドル円が1円変動しても損益は1円。
1円動いても大したことにはなりません。

ハイレバレッジなら、元手が数万円でも数百万円の大きな利益を生むこともできます。

日本の金融庁の規制を受けないから海外FX業者はハイレバレッジで取引できる

海外FX業者国内FX業者
最大レバレッジ数百倍〜数千倍25倍
追加証拠金(追加担保)なし(ゼロカット)あり

海外FX業者は、ハイレバレッジで取引することが可能です。

国内FX業者の場合、金融庁によりレバレッジの上限レートは25倍と定められています。
海外FX業者の場合、諸外国のライセンスを取得しているので金融庁の規制を受けません
そのため、数百倍やなかには数千倍のハイレバレッジで取引ができる海外FX業者も。

また、海外FXではゼロカットシステムが導入されているので、追加証拠金(いわゆる追証)がありません。
ゼロカットによって、損失額が証拠金を上回ったとしても、残高がマイナスになって借金を抱える心配なくトレードできます。

一攫千金を狙うチャンス!ハイレバレッジで取引するメリット2つを紹介

 

海外FX業者で高いレバレッジでトレードをするメリットを2つ紹介します。

  1. 必要証拠金が少なくて済むから少額資金でも取引できる
  2. 勝った時の利益額が大きい

①必要証拠金が少なくて済むから少額資金でも取引できる

海外FXのようにハイレバレッジ取引なら、必要証拠金の最低ラインが低いため、小さな資金でも大きな枚数のポジションを建てられます。

例えば、ドル円を10,000通貨で取引する場合に必要な証拠金の額は以下のようになります。

  • 国内FX(最大レバレッジ25倍の場合)
    →44,000円
  • 海外FX(最大レバレッジ400倍の場合)
    →2,750円

※1ドル110円の場合

海外FX業者を使うと、このように小さな額で大きな通貨を運用できるのです。

②勝った時の利益額が大きい

もう一つのハイレバレッジ取引の大きなメリットは、勝った時の利益額が大きくなるという点です。
小さな資金で大きなお金を動かせる分、勝てば元手が小さくても大きな利益を獲得できます。

ハイレバレッジ取引には一攫千金のチャンスがあるのです。

レバレッジが高いのは危険?デメリット2つを紹介

 

レバレッジが高いと危険と言われる理由は、充分な知識・スキル・資金管理能力がないのに、無理なトレードを行うトレーダーが一定数いるためです。
メリットだけではなく、デメリットや注意点も理解してからトレードしましょう。

海外FX業者で高いレバレッジでトレードをするデメリットを2つ紹介します。

  1. 相場の変動が大きい時、高いトレードスキルが必要
  2. 負けた時の損失額が大きい

ハイレバレッジで負けて後悔しないためにもしっかり頭に入れておいてください。

①相場の変動が大きい時、高いトレードスキルが必要

相場の変動が大きい場合はトレードスキルが求められます。

経済指標発表前後や、世界的なニュースが報じられた時には相場が荒れがち。
初心者のうちはこのような状況でのトレードは損をするリスクが大きいので避けましょう。

②負けた時の損失額が大きい

勝った時に大きな利益を得ることができるのはハイレバレッジのメリットですが、もちろん負けた時の損失も大きくなります。
ハイリスクハイリターンということです。

スキルが全くない初心者の方はレバレッジを下げるか、少額で挑戦することをおすすめします。

ハイレバレッジで取引する際の注意点3選

 

一部のFX業者では、取引ツールによって最大レバレッジが変わります。

  1. 銘柄による最大レバレッジ数の違いに注意する
  2. 取引しているツールの最大レバレッジ数に注意する
  3. 規制に引っかかっていないかを注意する

①銘柄による最大レバレッジ数の違いに注意する

銘柄によって最大レバレッジが異なるケースがあります。
業者によって定められている「最大レバレッジ 」で、全ての銘柄の取引ができるわけではありません。

これまでに出てきた「最大レバレッジ」はメジャー通貨ペアを取引する際の最大レバレッジです。
マイナー通貨やCFD銘柄は、多くの場合それぞれ異なる最大レバレッジが決められているので注意してください。

②取引しているツールの最大レバレッジ数に注意する

FX業者によっては取引しているツールによって最大レバレッジが変わります。

例えば、多くの海外FX業者は「MT4」や「MT5」と呼ばれるツールを使用していますが、独自のツールを使用して取引ができる業者もあるのです。
そのようなツールでは、最大レバレッジが200倍までしか設定できないなどの規制がかけられている場合があるので気をつけましょう。

③規制に引っかかっていないかを注意する

以下のようなときに、最大レバレッジが制限されてしまうFX業者もあるので注意が必要です。

  • 有効証拠金残高が高額の場合
  • 世界的イベントやニュースが発表された場合

有効証拠金残高が高額になることで最大レバレッジが制限されるFX業者もあります。
しかしながら、証拠金残高が数百万円以上にならない限り規制されることはないので、あまり心配はいらないでしょう。

また、世界的なビッグイベントやニュース発表時に、一部銘柄の最大レバレッジが制限されるケースがあります。
例えば、2017年フランス大統領選挙の際にはレバレッジ規制が行われました。
規制銘柄を保有していた場合は必要証拠金も変動してしまうので注意が必要です。

「有効証拠金残高によるレバレッジ規制」「世界的イベントやニュース発表時のレバレッジ規制」などがあることは頭に入れておきましょう。

まとめ:海外FXでハイレバレッジ取引をして一攫千金を目指そう!

 

ここまで、海外FX業者におけるハイレバレッジがどのようなものかという基礎知識・メリット・デメリット・注意点を説明しました。

ハイレバレッジなら、小さなお金で大きな取引ができるというメリットがあります。
勝った時に手に入る利益も大きいため、一攫千金を目指すことが可能です。

ゼロカットシステムによって、大きく負けてしまっても借金を抱えることはありません。
今回説明した注意点に気をつけながら、ハイレバレッジの取引に挑戦してみてはいかがでしょうか?

[2021]海外FXのおすすめ!安全・優良業者で最新ランキング
初心者・大学生・未成年(18才以上)にもおすすめ出来る安全・信頼の海外FX業者だけをプロが総合的にランキング。当ラボから、簡単に口座開設〜トレード出来ます。 ランキングサイトを見ても業者が多すぎて分かりづらい!当ラボは、安全・信頼の視...

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました