海外FX知恵袋

海外FXで経済指標を利用したトレード方法がNGである理由と経済指標の重要性

この記事は約6分で読めます。

「経済指標を使った取引がなぜ海外FX業者で禁止されているのか?」
「知らずのうちにに禁止された取引を行なってしまわないか不安だ。」

海外FX業者を利用する時に、上記のような心配をされる方は多いのではないでしょうか。

海外FX業者には、入金ボーナスやハイレバレッジ制度というお客様にとって多くのメリットがあります。
しかし、海外FX業者の中には、為替のレートが大きく動く経済指標時の取引をNGにしているところがあります。

この記事を読むことで、海外FXで経済指標を使った取引の注意点を知り、経済指標を参考にした取引ができるようになるでしょう。

海外FX業者で経済指標のみを利用した取引が禁止されている理由

海外FX業者では、相場が大きく動く経済指標発表時だけを狙った取引を禁止していることが多いです。

以下の流れで、なぜ経済指標発表時のみを狙った取引を禁止にしているのかについて、紹介します。

  1. ゼロカットシステム
  2. ハイレバレッジ

ゼロカットシステム

経済指標を狙った取引の禁止の理由の1つに、多くの海外FX業者が採用しているゼロカットシステムがあります。

ゼロカットシステムとは、大きく相場が変動し証拠金以上の損失を出した場合、追証が発生しないシステムです。
ゼロカットシステムのおかげでお客様は、想定外の損失を受けることがありません。

国内FX業者であれば残高がマイナスになり追証という形で、利用者が損失分を追加で入金しなければいけません。

ゼロカットシステムを採用している海外FX業者は、追証分を業者が補填してくれます。
しかし、裏を返せばその分業者の損失が増えていることです。

経済指標を狙って取引を行うと相場が急変動した場合、利益も大きくなる可能性もあります。
しかし、大きな損失が出る可能性もあります。

損失が重なると、業者の倒産につながる可能性もあるため、大きな損失が出やすい経済指標時のみの取引を禁止にしているのです。

関連記事

Titan FXに追証がない理由やゼロカットシステムについて徹底解説!
「TitanFXには追証がない理由が知りたい」 「ゼロカットシステムの仕組みが知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 国内FX業者で取引を行われている方の中には、海外FXに追証がないことやゼロカットシステムを知らない方も多いのではないでしょうか。 当記事では、追証の概要や国内FXに追証がある理由・ゼロカットシステムのメリット・デメリットについて解説。 また、Tita...

ハイレバレッジ

海外FX業者の多くはハイレバレッジ制度を採用しています。
ハイレバレッジとは、文字通り数百倍から1,000倍などの、高倍率のレバレッジです。
トレーダーはハイレバレッジ制度を利用することで、少ない証拠金で大きな額の取引が可能になります。

しかし、ハイレバレッジでの取引は大きく利益を得られる反面、損失も増えやすいです。
特に、経済指標時のように大きく相場が変動する場面では、一か八かの取引をすると規約違反になってしまう可能性があります。

関連記事

https://jouhoublog.com/kaigai-fx-hi-leva/

禁止事項に該当してしまうと起こること

禁止事項に該当してしまうと海外FX業者ごとに対応は異なりますが、ペナルティが課される事があります。
ペナルティの具体的な内容としては以下のものがあり、お客様にとって大きなデメリットになりますので細心の注意が必要です。

  1. 出金拒否
  2. アカウント停止

出金拒否

口座が凍結され、出金が拒否されます。
禁止事項に該当する取引で得た利益も、出金はできません。

アカウント停止

アカウントが停止になり、取引ができなくなります。
アカウント停止のペナルティが課されると、海外FX業者は不正に対して厳重な処置を取るので別アカウントを作り直すのも困難です。

関連記事

海外FXで口座凍結・出金拒否される理由と3つの禁止事項
「海外FXで口座が凍結されることってあるの?」 「何をしたら凍結をされてしまうの?」 あなたはこのような疑問をお持ちではありませんか? 結論から言うと凍結されるリスクはあります。 凍結された後にお金が出金できなかったり、そうなる原因や対処法がわからないと、海外FX初心者の方にとっては大きな不安要素になってしまいますよね。 そこで、今回は海外FXで口座凍結をされてしまう理由を徹...

経済指標を参考にするのは問題なし!ファンダメンタルズ分析を利用して取引をする

経済指標やファンダメンタルズ分析を利用して、取引の方向性を決めることは問題ありません。
ちなみに、政治や経済・政策などの経済指標を分析し取引することを「ファンダメンタルズ分析」といいます。
ファンダメンタルズ分析を参考にすることで効率的な取引ができますので、以下で重要な経済指標を解説します。

  1. 要人の発言
  2. 各国の経済状況
  3. 政治

要人の発言

市場に大きく影響を与える要人の発言は重要です。
例えば、FRB議長の記者会見での発言内容で市場が急激に動くことがあります。
発言と同時に相場の方向性が変わるので注意してみましょう。

ちなみに、FRBとは、The Federal Reserve Boardの略で、米国の中央銀行の最高意思決定機関です。
米国の金融政策や金利目標を決定しています。

各国の経済状況

米国や日本・欧州など先進国の経済状況の発表は注目です。
代表的なものは米国雇用統計で、発表と同時に為替市場が大きく動き出します。
米国雇用統計とは米国の雇用情勢を調査した統計のことで、月初めの第一金曜日に発表されます。

関連する国の通貨ペアで取引している場合は、特に注意しましょう。

政治

政治や政策の発表時には相場が大きく動き出すことがあります。
例えば、FOMC政策金利の発表で米国金利の方向性が決まると、株価や為替のマーケットが大きく動きます。
ちなみに、FOMCとは米連邦公開市場委員会のことで米国の金融政策を決定する機関です。

関連記事

FXにおけるファンダメンタルズ分析の要点と3つのメリットを解説
海外FXに慣れてくると、このような思いが出てくるでしょう。 「トレード方法は大体分かったけど、他に知るべきことはないかな」 「テクニカル分析を理解したから、違う分析手法も知りたい!」 「順調に資金が増えてきた!もっと口座内の資金を増やしたい!」 そんなあなたが次に学ぶべきことは、ファンダメンタルズ分析です。 ファンダメンタルズ分析とは、テクニカル分析と並んでFXで必ず押さえるべき...

経済指標を参考にした取引の注意点

経済指標を参考にした取引は急激な値動きがあるため、大きく利益を出すチャンスです。
一方で、大きく損失を被ることもあります。
経済指標発表前に相場を先読みや発表後の動きが不安定な段階での取引は注意が必要ですので、以下で解説していきます。

  1. 経済指標を先読みした取引
  2. 発表後の動きが安定しない状態での取引

経済指標を先読みした取引

経済指標の発表時刻前に先読みして取引すると、発表内容が予想と異なると大きく損失を出す可能性があります。
例えば、米国雇用統計の予想値から相場の方向性を先読みし発表前に取引するとします。
発表数値が予想と異なった場合、急激に損失になることがありますので、経済指標を先読みして取引するのは注意しましょう。

発表後の動きが安定しない状態での取引

経済指標発表後に相場の動きが安定しない状態になることがあります。
この時点での取引も注意が必要です。
例えば、FOMCの政策金利発表後に相場が反応しない場合は、マーケットがまだ方向性に迷っている可能性があります。

焦って取引すると、どちらに動くかわからない状況でのギャンブルになりますので、動き出してからトレンドについていくのが良いでしょう。

まとめ:経済指標を活用した取引は大切だが利用規約に注意

以上、経済指標を活用した取引の具体的な注意点と、有効な利用方法に関して解説しました。

経済指標で大きく相場が動き始めるのを悪用した取引はペナルティが課されますので、口座利用規約に注意しましょう。
しかし、経済指標の知識を知りファンダメンタルズ分析を上手く利用すれば、効率的な取引が可能になります。

この記事を参考に、経済指標を上手く活用して取引していきましょう。

プロもオススメする海外FXランキングTOP10/30社中
当ラボは、安全・信頼の視点に加え日本語サポート・日本撤退の可能性が低いこと・出金拒否が無い、そして確実に稼げることを重点に、全30社から厳選してオススメさせて頂きます。 海外FX業者は新しいものも含めるとかなりの数が存在しています。そのため、「海外FX業者の徹底比較した上でのランキング」や「海外FX業者ごとの違い」「自分のトレードスタイルにピッタリの海外FX口座」を知りたいという人も多いと思...

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました