比較&おすすめ○選

海外FX スリッページの少ない業者おすすめ5選|仕組みや注意点

この記事は約9分で読めます。

FX業者を選ぶ基準として、スプレッドの狭さや約定力の大きさなどがあります。

しかし、どんなにスプレッド値が小さくて約定率が高くても、スリッページが発生しやすいFX業者では利益を上げることができません。

では、スリッページの少ない業者か見分ける方法はあるのでしょうか?
この記事では、海外FXでスリッページの少ないオススメ業者を5つにまとめて紹介し、合わせてスリッページの仕組みや注意点、業者の選び方などを徹底解説します。

FXにおけるスリッページとは

FX取引を行う中で、「スリッページ」という言葉を耳にすることがあると思います。
しかし、FX初心者の多くはそもそも、スリッページの意味が分からないという人が多いでしょう。

まず、FXにおけるスリッページとはどういったものなのか、詳しく解説します。

スリッページは注文レートと約定したレートとの差を指す

スリッページとは、注文レートと約定したレートとの差を指します。
英語では「slippage」と表記され、日本語に直訳すると「滑り」や「ずれ」を意味します。

FXの各注文には証券会社が間に挟まっているため、各社の注文を通すスピードに差が発生します。

注文が重なると「A社」「B社」同時に「105.35円」で買ったにもかかわらず、実際に反映されるレートが「A社=105.35円」「B社=105.38円」といった「ズレ」になるケースがあるのです。

レートが乱高下するタイミングでスリッページは発生しやすい

レートの差を意味するスリッページですが、レートが乱高下するタイミングで発生しやすいとされています。
そのためスリッページが頻繁に起こってしまうと、トレーダーにとって不利になってしまいます。

FX業者によってスリッページの起こりやすさに差がある

スリッページの起こりやすさは、FX業者によって差があります。
しかしスリッページは、どれくらい滑るのかよく分からないという厄介な特徴があるため、実際にトレードしながら感覚的に判断する能力が必要です。

ただ海外FX業者の中には、スリッページを公表しているサイトもあります。
また、日本人トレーダーに人気がある海外FX業者は、スリッページが起こりにくく人気が高い傾向です。
海外FX業者を選ぶ際には、スリッページの起こりやすさにも着目してみてください。

スリッページが発生する主な2つのケース

スリッページが発生する原因として、主に2つのケースが考えられます。

  1. レートの急な変動にサーバーが追いつかないケース
  2. FX業者が意図的にスリッページを起こすケース

スリッページが起こる原因について理解を深めて、損失を出さないようにしましょう。

①レートの急な変動にサーバーが追いつかないケース

まず、レートの急な変動にサーバーが追いつかないケースが考えられます。
ではなぜ急にサーバーが変動すると、レートが追いつかなくなるのでしょうか?

経済指標の発表前後はレートが変動しやすい

経済指標の発表後は、レートが変動しやすくなっています。
そのため、注文と決済のわずかな時間差が原因で値動きが大きくなると、スリッページが発生しやすくなるのです。

レートの動きが大きい通貨ペアには注意

レートの動きが大きい通貨ペアには注意が必要です。
「通貨ペア」とは、FX取引で売買する通貨の組み合わせのことを意味します。

この通貨ペアの動きが大きいと値動きが激しくなるため、スリッページが起こりやすくなるのです。

②FX業者が意図的にスリッページを起こすケース

スリッページが起きる原因として、FX業者が意図的に操作していることも考えられます。
では、なぜFX業者が意図的にスリッページを起こすのでしょうか?

相対取引を導入している国内FX業者に多い

FX業者が意図的にスリッページを起こすケースは、相対取引を導入している国内FX業者に多いです。

相対取引を導入しているFX業者の場合、トレーダーの損失を回収するために、わざとスリッページを起こすことがあります。
そのため、海外FX業者が意図的にスリッページを起こすケースは考えられません。

しかし、相対取引を導入している海外FX業者なら、同じ理由でスリッページを起こす場合もあります。

スリッページに関する3つの注意点

スリッページに関する注意点として、次の3つが挙げられます。

  1. スリッページを考慮しないとトレードコストを見誤る
  2. 業者によってスリッページの発生しやすさは異なる
  3. スリッページは「どれくらい滑るか」の想定が難しい

1つずつ解説をしていきます。

①スリッページを考慮しないとトレードコストを見誤る

FXは何度もトレードを行うため、FX業者が公表しているスプレッドで判断してしまいがちです。
しかし、スリッページを考慮しないとトレードコストを見誤ってしまうこともあります。

トレードコストは、FX業者が公表しているスプレッドとスリッページを合わせて算出されています。
そのため公表されているスプレッドがいくら狭くても、スリッページが発生しやすいFX業者ではトレードコストが上がってしまうので注意が必要です。

関連記事

海外FX業者の取引コストを徹底比較!手数料の節約方法
「たくさん儲けたはずなのに、想像していたよりも入金額が少なかった・・・。」 このような経験をしたことはありませんか? 海外FXでは様々なタイミングで手数料がかかってしまいます。 できることなら、手数料は抑えたいですよね。 この記事では、取引コストの種類や手数料の節約方法について解説しています。 また、後半では主な取引コスト「スプレッド」を海外FX業者ごとに比較しているので、取...

②業者によってスリッページの発生しやすさは異なる

スリッページはFX業者にとって発生のしやすさが異なります。
スプレッドの狭さを宣伝しているFX業者でも、スリッページでレートの差が生じればスプレッドが広いことと変わりません。

そのため損失を出さないために、少しでもスリッページが起こりにくい業者を選ぶことが大切なのです。

③スリッページは「どれくらい滑るか」の想定が難しい

スリッページの難点は、「どれくらい滑るか」という想定が難しいということです。
スプレッドであれば、実際の平均値を算出することが可能です。
しかしスリッページの場合、「どれくらい滑るのか」をトレーダーが掴むことはできません。

そのためスリッページの「どれくらい滑るか」の判断は、実際にトレードを行いながら体感的に見極める必要があるのです。

スリッページの少ないFX業者を選ぶ3つのポイント

続いて、スリッページの少ないFX業者を選ぶポイントを3つにまとめて解説します。

  1. 「DD(OTC)方式」でなく「NDD方式」の業者を選ぶ
  2. 約定率の高い業者を選ぶ
  3. 「FOREX BROKERZ」のデータを参考にする

これから解説する3つのポイントを参考に、スリッページの少ないFX業者か判断して選ぶようにしましょう。

「DD(OTC)方式」でなく「NDD方式」の業者を選ぶ

スリッページが少ないFX業者が判断する基準として、「DD(OTC)方式」でなく「NDD方式」を利用しているかがあります。

DD(OTC)方式とは、インターバンクとトレーダーの間にディーラーが入る取引方式のことです。
トレーダーが負けた分FX業者が損失を回収する仕組みになっています。
そのためFX業者は利益のために、わざとスリッページを起こすことがあるのです。

対して、NDD方式は、トレーダーが注文した通りに売買が行われる取引方式です。
DD(OTC)方式のように、トレーダー損失を出した分儲かるわけではないので、利益を出すためには取引量を増やす必要があります。

そのためNDD方式は、DD(OTC)方式を利用しているFX業者のような利益競争がないので、意図的なスリッページが発生しないと判断できるのです。

関連記事

Titan FXのNDD方式とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説
海外のFX業者と国内FX業者を比較する中で、NDD方式という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか? NDD方式とは、FXの約定の方式のこと。 最もオーソドックスで公平性の高い約定方式だと言われています。 Titan FXは、このNDD方式を採用しています。 NDD方式は一般的にスプレッドが広いため、敬遠されがちです。 しかし、実はNDD方式を利用することは、損なこ...

約定率の高い業者を選ぶ

約定率が高いFX業者を選ぶのも、スリッページが発生しにくい業者の基準になります。
約定率とは、注文したレートに対してどれだけ正確にレートが約定するかという値を、確率で示しています。

つまり、注文レートと約定レートが等しいほど、約定率が高いと言えるのです。
約定率が高いFX業者は、注文レートと約定レートの差が発生しにくいと判断することができます。

そのため、スリッページが起こりにくい業者を選ぶ際は、FX業者の約定率を確認してみてるといいでしょう。

関連記事

Titan FXの約定力を検証!約定力が弱いと発生する3つの不利益
海外FX業者は無数に存在するため「どこを選んでよいか分からない」という人も多いのではないでしょうか? 海外のFX業者を選択する基準として、安全性やレバレッジなどがあります。 しかし、利益を出す上で欠かせない基準が約定力です。 約定力が低いと、本来であれば利益が出ているはずの取引でも、損失になってしまう可能性があります。 海外のFX業者と取引する理由として「高いレバレッジを利用したい...

「FOREX BROKERZ」のデータを参考にする

スリッページが発生しにくいFX業者を探している方は、「FOREX BROKERZ」のデータを参考にするというのもひとつの手段です。

FOREX BROKERZは海外FX業者をまとめているサイトで、膨大なデータを元にスリッページの平均値を公表しています。
定期的にスリッページのデータが変動しているので、かなり信用性が高い数字と認識していいでしょう。

FOREX BROKERZは海外サイトなので、海外FX業者のデータを主に公表しています。
中には日本市場に進出している海外FX業者のデータもあるので、参考にしてみることをおすすめします。

海外FXでスリッページの少ないオススメ業者5選

ここからは、海外FX業者でスリッページの少ない業者を5つにまとめてご紹介します。

  1. XM(エックスエム)
  2. LANDFX(ランドFX)
  3. Axiory(アキシオリー)
  4. TitanFX(タイタンFX)
  5. GEMFOREX(ゲムフォレックス)

どの海外FX業者も日本国内で人気が高いので、安心して利用することができますよ。

XM/XMtrading(エックスエム)

日本国内でもトップクラスの人気を誇る海外FX業者のXM(エックスエム)。
XM(エックスエム)の最大の魅力は、最大レバレッジ888倍という高い数値です。

また約定率が99.92%なので、スリッページが起こりにくいFX業者として定評があります。
最近では「XM Zero口座」という超低スプレッド口座を開設したので、気になる方はチェックしてみるといいでしょう。

2022「XM」口座開設方法を初心者に分かりやすく解説
XM Trading(エックスエム、XM トレーディング)は、2009年に設立され、2022年で13周年を迎える。現在では196か国・25万人ものトレーダーに愛用されている、海外FX業界のトップブローカーである。本ページではそんなXMの始め方について、まずは口座開設方法から実際画像で初心者にも分かりやすく解説していく。必要な書類やボーナスの受取り方もご案内していきます。 XMで初めてリア...

LANDFX(ランドFX)

LANDFX(ランドFX)は、スプレッドの狭さに定評がある海外FX業者です。
「米ドル/円(pips)0.80」「ユーロ/円(pips)1.50」と、ほかのFX業者を利用しているトレーダーも驚くようなスプレッドの数値を出しています。
約定率も98.22%と安定しているため、初心者はもちろん上級者でも利用しやすいと人気があります。

 

Axiory(アキシオリー)

低スプレッドで安定したサービスを展開しているAxiory(アキシオリー)。
インターバンク直結で取引を行っているので、約定力が99.84%と非常に高いです。
またAxiory(アキシオリー)はほぼ全ての情報をサイトで公開しているので、信用性が高い海外FX業者と言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)

TitanFX(タイタンFX)口座開設

TitanFX(タイタンFX)は、業界でもトップクラスの狭いスプレッドを誇っています。
TitanFXのブレード口座では、スプレッド値が0pips〜とかなり狭い設定になっています。

また、約定率が99.999%と、かなり確実性を持った数字を保持しているため、スリッページの心配がほぼ無いといってもいいでしょう。

[TitanFX始め方]リアル口座開設の方法と本人確認時の必要書類
Titan FX(タイタン FX)のリアル口座を開設し始める方法は、口座開設フォームへアクセスし、お客様情報等の必要事項をご入力後、メールアドレスの認証を行うことで完了いたします。スマホでわずか5分程度で、口座開設の申込みが可能です。法人口座も開設可能です。 新規のお申し込みから、最短30分、最長でも1日(翌営業日)で取引開始いただけます。 Titan FXのリアル口座開設 Tita...

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

GEM GROUP社が運営している海外FX業者の例えばGEMFOREX(ゲムフォレックス)。
GEMFOREXでは、無料で使えるEAが豊富にあるため、システムトレード派のユーザーに定評があります。

GEMFOREX 個人口座/法人口座の開設方法
海外FX GEMFOREX(ゲムフォレックス)の人気の秘密は期間限定ボーナスの豪華さと、安心・安全に取引できることでしょう。 専業主婦・大学生や未成年(年齢制限18歳以上)も口座開設可能です。 「GEMFOREXの口座開設って本当に簡単なの?」 「海外FX業者に口座開設で必要なものって何?」 「GEMFOREXのボーナスってすぐもらえるの?」 GEMFOREXに興味があるけれ...

まとめ:スリッページの発生を前提にしたFX取引を徹底しよう

どんなにスプレッドが狭かったり約定率が高いFX業者でも、スリッページはいつ発生してもおかしくない現象です。
そのためFX取引をする際は、スリッページの発生を前提にトレードを行うことが大切です。

思わぬ損失を出さないためにも、スリッページに関しては常に念頭に置いておくようにしましょう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました