XMTrading始め方

XMエックスエムの口座種類・タイプのおすすめと変更について

XM口座種類・タイプ比較
この記事は約15分で読めます。

XM(XMTrading)エックスエムでは、「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3つの口座種類・タイプが用意されています。

この記事では、口座タイプそれぞれの特徴や違いや選び方、マイクロ口座からスタンダード口座に変更出来るの?などを分かりやすくまとめました。

「これからXMで口座開設したいけど、はたしてどの取引口座を選ぶべきか?」「各口座の違いがよくわからない」という方はぜひ参考にしてください。

XM公式HP  XM会員ページ

XMtrading(エックスエム)の口座種類・口座タイプは3種類

公式HPで確認する。取引口座タイプ

XMでは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3つの取引口座が用意されています。まずはそれぞれの仕様を確認してみましょう↓

マイクロ口座スタンダード口座XM Zero口座
基本通貨USD, EUR, JPYUSD, EUR, JPYUSD, EUR, JPY
1ロット1,000通貨100,000通貨100,000通貨
最大レバレッジ1:888 倍1:888 倍1:500 倍
ゼロカットありありあり
最低スプレッド1ピップ1ピップ0ピップ
取引手数料なしなしあり
最大可能ポジション200200200
最小取引ロット0.01ロット (MT4)
0.1ロット (MT5)
0.01ロット0.01ロット
ロット制限1005050
取引ボーナスありありなし
口座開設ボーナスありありあり
ヘッジの有無可能可能可能
最低入金額5$5$100$

 

共通している特徴もあり、たとえばいずれの口座でもゼロカットを採用しているため、仮に入金額以上の損失が発生してもXM側で負担してくれる。(※国内FXのような追証がないということだ)

また、新規口座開設者にはすべての口座タイプで口座開設ボーナスも付与されるので、適切な口座を開設しても口座開設ボーナスは受け取ることが可能だ。

XMtrading公式サイト

それでは、3つの口座のそれぞれの特徴についてもう少し詳しく解説していく。

スタンダード口座:シンプルかつボーナス豊富

最も選ばれている「スタンダード口座」は、その名のとおりXMの基本形ともいうべき口座で、NDD方式のうちの一つ「STP方式」を採用しています。

DD方式、NDD方式(STP、ECN)ついて

DD(ディーリング・ディスク)方式
DD(ディーリング・ディスク)方式とは、トレーダーとカバー先金融機関の間に業者のディーラーが介在する取引形態を指しており、トレーダー対ディーラーとディーラー対カバー先機関という2つの層で成り立っています。国内のFX業者の多くはこのDD方式を採用しています。

ブラックボックスとも言うべき収益構造によりスプレッドを狭くできる反面、トレーダーとディーラーで利益が相反してしまうという問題点を抱えており、業者側による“呑み行為”も成立してしまうことから透明性が確保されているとは言い難いです。

NDD (ノン・ディーリング・ディスク)方式
NDD(ノン・ディーリング・ディスク)方式は、業者側のシステムで自動処理されるディーラー不在のシステムで、海外のFXブローカーではこれが主流。一般的にDDよりも取引コスト(スプレッドなど)が嵩むというデメリットはあるものの取引の透明性は十二分に確保されています。

厳密に言えば、NDDは「STP」「ECN」の2つに分けられます。STP方式は一旦業者のサーバーを介すのに対し、ECNはブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムに直結する仕組みで、後者のECNのほうがより透明性に長けています。

3口座のうち取引できる銘柄が最も多く、1回のロットは1,000通貨~500万通貨と幅広いので、トレードスタイルや資金量問わず万人におすすめできる口座です。

また、諸々のボーナスを余すことなく受け取れるのも魅力です。

XMtrading公式サイト

マイクロ口座:1ロットの価値が1/100でわずか10通貨から取引できる

「マイクロ口座」は、1ロットの価値がスタンダード口座の100分の1 = 1ロット1,000通貨となっており、MT4ではたった0.01ロット = 10通貨から、MT5では0.1ロット = 100通貨からエントリーできます。

最大レバレッジやスプレッド、約定率、ゼロカット、ボーナス等はスタンダード口座と何ら変わらず、スタンダード口座との違いは1ロットあたりの価値と最小ロット・最大ロットのみ。取引方式もスタンダード同様にSTP方式をとっています。

ただし、MetaTraderの配信レートとチャートはスタンダードとは別物で、銘柄名の末尾に「micro」と付いているもののみ取引できます。例えば、皆さんお馴染みの米ドル/日本円「USDJPY」をマイクロ口座で取引する場合は「USDJPYmicro」を選ぶことになります。

気をつけたいのは、すべての銘柄が1/100で取引できる訳ではないという点。「micro」が付いているのはFXの通貨ペアとゴールド、シルバーのみで、 株式現物指数CFD、株式先物指数CFD、コモディティ先物CFD、エネルギー(原油)先物CFDに関してはスタンダード口座と同じ扱いです。

XM Zero口座:ボーナスは少ないがスプレッドとコストが安い

「XM Zero口座」はスタンダードおよびマイクロ口座とは似ても似つかない口座で、ボーナスが少ない代わりにスプレッドとトータルコストが抑えられています。

XM Zero口座も他の2口座同様にNDDですが、STPではなく「ECN方式」を採用。ECNはブローカーや銀行やリクイディティプロバイダーなどが参加する取引システムに直結する仕組みで、売買が自動的にマッチングされるため、今ある取引方式としては最もクリーンでフェアな仕組みです。

STP方式のスタンダード・マイクロ口座に比べスプレッドが狭く、「Zero」の名のとおり米ドル/日本円やユーロ/米ドルといったメジャーな通貨ペアでは最小0pips~のスプレッドを提示しています。スプレッドに業者の取り分は含まれてないため、スプレッドとは別に「取引手数料」が設けられていますが、スプレッドと手数料を合算したトータルコストはスタンダード・マイクロ口座よりも安上がりとなります。

XM Zero口座の取引手数料
スプレッドとは別に、注文時と決済時にそれぞれ5通貨 = 往復10通貨の手数料が上乗せされます。“10通貨”とはペア左側の通貨で、米ドル/日本円の場合は往復10ドル、ユーロ/米ドルの場合は往復10ユーロ、ポンド/ドルの場合は往復10ポンド。

マイクロ口座同様、他のZero口座もMetaTrader上では独立したチャートが配信されており、末尾に「.」が付いたもののみ取引できます。例えば、米ドル/日本円「USDJPY」なら「USDJPY.」、ゴールド/米ドルのCFD「GOLD」なら「GOLD.」を選ぶことになります。ただし取引できるのはFX通貨ペアとゴールド、シルバーのみ。株式現物指数CFD、株式先物指数CFD、コモディティ先物CFD、エネルギー(原油)先物CFDは取引できないので注意しましょう。

XM Zero口座はスプレッド還元型なので、受け取れるボーナスは口座開設3,000ボーナスのみ。入金ボーナスとXMロイヤルティプログラムは対象外です。

XMtrading公式サイト

用途と資金量から考えるXMの口座種類・タイプについて

少額で取り組みたい駆け出しトレーダーは「マイクロ口座」を選ぼう

数千円や1万円程度の少額から取り組みたい駆け出しトレーダーさんに向いているのは、ずばり「マイクロ口座」。0.01ロット = 10通貨または0.1ロット = 100通貨という小ロットからポジションを持てるので、感触を掴むにはもってこいですし、ロット(枚数)を緻密にコントロールしたいという方にもおすすめです。

1ポジションの上限は100ロット = 10万通貨で、これはつまりスタンダード口座の1ロットにあたります。 10万通貨以上を持つ場合は分けて注文しなくてはならないため、数十万円・数百万円の証拠金でハイレバトレード…となると物足りないかもしれません。

低コストでXMの魅力を体験できる

マイクロ口座は、非常に低コストでXMの魅力を体験できる。

マイクロの口座の最小取引ロットは0.01で、これは10通貨に該当する

たとえば、10通貨は100pipの変動で10円の損益になり、最低入金額の$5を入金しておけば約5,000pip程度は強制ロスカットになることはない※。

※1ドル=100円の場合

FXで最も大事なことは資金が底をついて相場から退場しないことで、XMのマイクロ口座であれば数百円から数千円の入金で取引を体感できるはずだ。

マイクロ口座は低コストでありながらハイレバレッジも体感できるため、XMの魅力を感じながら取引を続けられるのがポイントだ。

1ロットの通貨量以外はスタンダード口座と同じ特徴

マイクロ口座は、1ロットの通貨量以外はスタンダード口座と同じ特徴だ。

上述した通り、口座開設ボーナスや入金ボーナスを受け取ることができるし、スプレッドの負担にも差を設けていない。

そのうえ先に説明したとおり888倍のハイレバレッジ取引も可能で、1ロットの通貨量にこだわらなければマイクロ口座から始めてみる事も問題ないだろう。。

すでにXMの取引に慣れていたりFXの熟練トレーダーだったりすればスタンダード口座でも構わないが、初心者は第一に低コストで取引に慣れることが大事だ

上記の事から少ない資金で何度も取引を続けて取引スタイルを確立したうえで、スタンダード口座やXM Zero口座の開設を検討しても悪くないのではないだろうか。

XMtrading公式サイト

ロイヤリティプログラムのステータス賢くアップできる

XMは、ロイヤリティプログラムにステータスというシステムを導入している。

ステータスは、EXECUTIVE → GOLD → DIAMOND → ELITEの順番でアップグレードしていき、XMP(XMポイント)の貯まりやすさに影響する。

ロイヤリティプログラムのステータス

XMPとは、クレジットボーナスに交換できたり換金できたりするもので、取引回数に応じて自動的に貯まっていく。

そしてこのロイヤリティステータスをアップグレードするためには取引日数が関係し、最上位ステータスのELITEになるまでの取引日数は100日。

ロット数や通貨単位は関係せず取引日数だけが関係するため、いかにXMで取引を続けられるのかが大事になってくる。

ここまで説明すれば理解していただけたと思うが、マイクロ口座で低コストの取引をしておけば退場することなく100日を迎えられる可能性が高い。

XMエックスエムの3大ボーナスの種類とルール・ボーナスリセット条件
XMtrading(エックスエム)の3大ボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤリティプログラム)の仕組みとリセット条件について詳しく解説していきます。 以前は、海外FXと言えばハイレバレッジとビッグなボーナスが大きなセールス...

CFD取引ができる

マイクロ口座はCFD取引ができる

一応、スタンダード口座でもCFD取引に対応しているが、少額でも取引ができるという利点がマイクロ口座にある。

CFD取引とは、ゴールドやシルバー、あるいは農作物に株価指数といったものだ。

FXとは異なる値動きで、リスクヘッジになることやFX以上に荒々しい値動きがすることもあり、CFD取引ができるのは非常にメリットになる。

一方、CFD取引はFXに比べてスプレッドが広かったり取引時間が異なったり、初心者にはややこしく感じる部分も多いだろう。

したがって、初心者は第一にFXに慣れたうえでCFD取引を検討してみてはいかがだろうか。

\ FX初心者はマイクロ口座がおすすめ /

10万円以上で初めたいなら「スタンダード口座」がベスト

ある程度まとまった証拠金(10万円以上)を元手にトレードするなら、「スタンダード口座」がベストです。最小0.01ロット = 1,000通貨から最大50ロット = 500万通貨まで持てるので、初心者さんでも大口トレーダーでも不自由なく馴染めるでしょう。

ただ、証拠金が2万ドル = 約220万円を超えると最大レバレッジが888倍から200倍へ、10万ドル = 約1,100万円を超えると100倍へ制限されるので、超えそうなタイミングで出金するよう心がけ ましょう。とはいえ、国内の25倍に比べれば100倍・200倍でも十分ハイレバですから、トレードスキルと資金管理を極めれば非常に効率良く資金を膨らますことができます。

しかしながら、より条件の良いECN口座を提供している海外ブローカーも存在するので、単に口座のスペックで考えるならばあえてXM Zeroに拘る必要はありません。現状で取引手数料が最も安いのはTradeview ForexのECN口座で、XMの半額の往復5ドル(0.5pips相当)に抑えられています。

XMtrading公式サイト

Zero(ゼロ)口座の特徴(中~上級者におすすめ)

XM Zero口座は、その名のとおりスプレッドが極端に狭いメリットがある。

XMのZero口座とスタンダード口座のスプレッドを比較!

FXはスプレッドが狭ければ狭いほど取引で有利になるのは常識だ。

XMでは、マイクロ口座・スタンダード口座そしてZero口座の3種類があり、マイクロ口座とスタンダード口座のスプレッドは同じである。

したがって、ここではスタンダード口座とZero口座のスプレッドを比較していく。

以下の表では、2020年9月16日の時点の各通貨ペアのリアルスプレッドである。

通貨ペアZero口座スタンダード口座
USDJPY0.1pips1.6pips
EURJPY0.5pips2.5pips
GBPJPY1.3pips3.7pips
AUDJPY1.2pips3.2pips
EURUSD0.1pips1.8pips
GBP/USD0.3pips2.2pips

比較した表のとおりスプレッドに関しては、明らかにZero口座のほうが狭い

しかし、Zero口座はスプレッド以外に取引手数料を支払う必要があり、具体的には往復で$10のコストが発生してしまう。

この$10のコストはスプレッドに換算すれば1.0pipsになり、上記表のZero口座のスプレッドに反映させれば実際のコストが見えてくるはずだ。

とはいえ取引手数料をスプレッドとして反映させてもZero口座のほうが狭いため、単純に1回の取引におけるメリットはZero口座になる。

トレード手法がスキャルピングであればZero口座一択

FX初心者であれば、Zero口座はおすすめできないが、中級者以上で資金が潤沢にあり尚且つスキャルピングを行えるスキルを持ち合わせているのであれば、むしろZero口座を選択しておいた方が良い。

XMtrading公式サイト

XMZero口座は入金ボーナス/ロイヤリティプログラムに参加できない

ここまでの説明ではスタンダード口座よりもZero口座のほうが手数料ではお得に感じるが、Zero口座にもデメリットがある。

・入金ボーナス対象外
・ロイヤリティプログラムに参加不可能

入金ボーナスは、新規口座開設時や時折行われるサービスのひとつとして、最大$500までの入金に対して200%のボーナスが付与される

仮に$1=100円で計算すれば、5万円入金すれば10万円分の証拠金で取引をすることが可能だ。

証拠金が増えればポジションを長く持ち続けることができるし、無料で貰えるのだからデメリットは一切ない。

そのうえZero口座はロイヤリティプログラムに参加できない決まりがある。

ロイヤリティプログラムは、参加すればXMPが自動付与され、クレジットボーナスや現金として換金することができるサービスだ。

ロイヤリティプログラムについてもトレーダーは一切損をしないサービスで、参加できないのは大きなデメリットになる。

もちろん入金ボーナスやロイヤリティプログラムのXMPをそのままスプレッドに換算することはできないが、トータルでは限りなくZero口座とコストに差はないだろう。

したがって、1回の取引に重点を置く取引スタイルであればZero口座、XMのサービスを余すことなく利用して利益を目指す取引スタイルであればスタンダード口座やマイクロ口座を検討してみてはいかがだろうか。

XM(エックスエム)ポイントの使い方
XMtrading(エックスエム)は、XMポイント(XMP)という独自のポイントシステムを提供している。 普段トレードしているだけでは気づかないかもしれないが、XMポイントは非常に有効的な活用ができるシステムだ。 しかし、XMポ...

他にもデメリットは以下のようなものを挙げられる。

・最大レバレッジは500倍に制限される
・CFD取引が不可

マイクロ口座やスタンダード口座に比べて、XM Zero口座はデメリットが目立つ。

正直のところXM Zero口座を積極的に選ぶ理由はないのではないだろうか。

というのもXMを選ぶ理由は、最大888倍のハイレバレッジで取引をしたかったり、ロイヤリティプログラムに参加してXMPを貯めたり、頻繁に貰える入金ボーナスを楽しみにしたり、という部分になるのではないだろうか

XMtrading公式サイト

口座種類・タイプに関する質問

自身の口座種類はXMマイページで確認できる

XMで自身の口座タイプを知りたい場合は、以下の手順にしたがえば確認できる。

XM口座タイプ確認手順
1.XM公式サイトにログインする
2.XMの会員ログインページ
3.マイアカウントの概要の「V」をクリックして展開
4.口座種別の左側に口座タイプの種類が示される

ここでは口座タイプの種類を確認できるだけでなく、レバレッジの変更も可能だ。

マイクロ口座からスタンダード口座に途中で変更するには?

XMは口座開設時に選択した口座タイプを途中で変更することはできない。

それでは一度選んでしまうと他の口座タイプが使えないように思えるが、XMはそういった場合の対処法として追加口座を開設することができる。

追加口座を作って複数運用もOK

XMには追加口座というシステムがあり、一人で最大8つまで取引口座を持てますので、初めに作った口座が気に入らなくても後から変更できます。「マイクロ口座を使い始めたけど、スタンダード口座へ乗り換えたい」「スタンダード口座と並行してXM Zero口座でスキャルピングを極めたい」という方は、ぜひ追加口座を作って使い分けてみてください。

既に口座の有効化(本人確認書類と住所確認書類の提出)を済ませてあれば、2口座以降は書類提出無しで簡単に作れます。XMのマイページへログイン後、「追加口座を開設する」というボタンをクリックして手続きを進めましょう。

XMの追加口座・複数口座開設はいくつまで?メリットとは?
国内のFX業者の場合、原則として一人が持てる口座は一つのみで、複数の口座を持つためにはいくつものFX会社で口座開設する必要があります。 一方、海外FXのXMtrading(エックスエム)では「追加口座」という仕組みが設けられており、同...

 

いずれにせよXMでは複数口座を持つことができるので、「間違った口座を開設してしまった」と悲観する必要は一切ない。

\ 追加で全口座タイプを準備しておくのもOK /

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました