海外FX知恵袋

海外FXのボーナスは税金がかからない?節税対策と確定申告の必要性

この記事は約5分で読めます。

「海外FXのボーナスが課税所得なのか分からない。」
「海外FXで利益を出せるようになったけど、税金ってどのくらい払えばいいの?」

あなたはこのように考えていませんか?

海外FXでは国内FXと比較して、豊富なボーナスが提供されています。
しかし、もらったボーナスに税金がかかるかどうか分からないですよね。

本記事では、海外FX業者でもらえるボーナスの課税についてだけでなく、ボーナスを使った節税対策まで解説しています。

本記事を読めば、海外FXでどのボーナスに税金がかかるのか、利益に対してどのくらい税金がかかるのかを把握できます。

課税されないボーナス

海外FXでは、決済されていないポジションについては税金がかかりません。
しかし、利益または損失を確定させると課税対象となり、確定申告をする必要が出てきます。

利益を出した資金には税金がかかってきますが、ボーナスに関してどうなのでしょうか。
実は、ボーナスについては、ボーナスを出金できるか否かで課税されるかが決まってきます。

出金できないボーナスはボーナス自体に税金がかかることはありません。
なぜなら、出金できないボーナスは現金として扱われないからです。
しかし、ボーナスを使って出した利益にはもちろん税金がかかってきます。

出金できるボーナスは利益として扱われ、課税対象となるので注意しましょう。

課税される条件に該当するボーナス

前述でお伝えした通り出金できないボーナスは課税対象ではありません。
しかし、ボーナスには課税対象となるものももちろんあります。
課税されるボーナスの代表例は以下の2つです。

  1. 出金ができるボーナス
  2. キャッシュバック

確定申告する際に、漏れがあるとトラブルにもつながるため、参考にしてみてください。

出金ができるボーナス

前述の通り、出金できるボーナスは課税対象となります。
出金できるボーナスを提供しているかどうかは海外FX業者によってそれぞれです。
海外FX業者の中には、取引額に応じて出金可能なボーナスを提供している会社もあります

口座開設する海外FX業者ではどのようなボーナスを受け取れるのかをきちんと把握しておくことが重要です。

関連記事

海外FX ボーナスが充実している業者比較おすすめ5選
「海外FX業者を選ぶ時に、ボーナスが良い会社から多くもらって利益を増やしたい。」 「できるだけボーナスを多く貰える海外FX業者を選びたい。」 「初めに貰ったボーナスを元手に利益を増やしたい。」 海外FX業者を初めて利用する時に、上...

キャッシュバック

キャッシュバックも課税対象となります。
なぜなら、キャッシュバックは現金が戻ってくるという意味で、出金できるからです。

キャッシュバックだけに限らず、損失補填なども同様で、出金できるかどうかで課税されるかが決まります。
このボーナスは課税されるのかと疑問を持った場合は、そのボーナスが出金可能なのかを考えてみると良いでしょう。

節税は入金ボーナスを使って実施する

実は、入金ボーナスを使うことで、節税が可能です。
次の2つのパターンに分けて解説していきます。

入金ボーナスを使わなかった場合、損益状況に関わらず税金を払うことになるので、節税は期待できませんので注意しましょう。

  1. 入金ボーナスを使って利益を出した場合
  2. 入金ボーナスを使ったが損失を出した場合

2つのパターンで節税効果がまったく違うので、チェックしていきましょう。

入金ボーナスを使って利益を出した場合

100万円を入金して入金ボーナスを100万円もらった場合を想定していきます。
合計資金200万円で取引を始め、100万円の利益を出したとしましょう。

この場合、利益の100万円がそのまま課税対象となります。
利益を出した場合は、単純に得られた利益に課税されるので、入金ボーナスで直接節税はできません。

入金ボーナスを使ったが損失を出した場合

同様に、100万円を入金して入金ボーナスを100万円もらったとしましょう。
資金200万円でFXに挑戦したが、200万円を失ってしまったとします。

この場合、入金ボーナスの100万円だけでなくボーナスのために入金した100万円分も課税対象から外せるのです。

つまり、入金ボーナスを使って損失を出すことで、ボーナス分以上の金額を節税できます。
入金ボーナスを使ったが、結局損失を出してしまったという人は節税対策として利用できるので試してみてはいかがでしょうか。

利益が出たら利益額に応じて確定申告が必要

海外FXで利益を出した場合、利益額に応じた確定申告が必要になります。
では、どのくらいの利益を出した場合に確定申告の必要があるのでしょうか。

確定申告が必要となる人には以下の2種類があります。

  1. 給与所得者
  2. 非給与所得者

給与所得者

給与所得者の場合、確定申告が必要となるFXの利益額は20万円です。
給与所得者とは、サラリーマンやアルバイトといったFX以外で給与所得を得ている人を指します。

会社に勤めつつ兼業でトレードしている人などは、給与所得者に当たるので、年間利益20万円以上で確定申告が必要です。

FXの利益は雑所得として扱われます。
そのため、他の副業等で得られた雑所得と合わせて20万円を超えていた場合、確定申告が必要なので注意しましょう。

非給与所得者

非給与所得者の場合、確定申告が必要となるFXの利益額は38万円です。
非給与所得者とは、専業主婦や専業トレーダーといったFX以外では所得を得ていない人を指します。

なお、海外FXで採用されている税制は累進課税制です。
そのため、非給与所得者であっても38万円以上稼げば、累進課税に従って税率が上がっていくので注意しましょう。

ちなみに、以下の記事では海外FXにおける確定申告の方法を初めとした税金の話を詳細に解説しています。
現在も海外FXで利益を上げている人や専業トレーダーになりたい人は、参考にしてみてください。

海外FXは専業トレーダーにおすすめ?税金・確定申告の正しい方法を知ろう
海外FXは少額の投資資金からはじめることができ、大きな利益を生み出すことも可能です。 豪華なボーナスが魅力的な業者も多く、夢のような投資だと感じている方も多いのではないでしょうか。 副業ではなく、専業トレーダーとしてFXで得た利益で生活...

まとめ:入金ボーナスを有効利用して節税をしよう

出金できないボーナスはいかなるボーナスであれ、課税対象にはなりません。
そのため、もらったボーナスが課税所得かどうかは、出金可能かどうかをチェックすると良いでしょう。
また、入金ボーナスを有効に活用すれば節税対策ができるので、ぜひ試してみてください。

関連記事

海外FX 入金ボーナスがあるオススメ業者3選
「入金ボーナスをもらってお得にFX取引をしたい」 「入金ボーナスが多いFX業者はどこ?」 FXをやっていて、上記のように思う方は多いのではないでしょうか。 海外FX業者は、ボーナスが豊富なことが大きな魅力です。 本記事では、...
海外FXと国内FXの税金や追証の違いとは?
「海外FXって国内FXと何が違うの?」 「海外FXのメリットとデメリットは?」 「国内FXやってるけど、稼げない」 「海外FXの税金は?」 「海外FXは追証がないの?」 これから海外FXを始めようとしている方は、このような疑問...

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました