Titan FX始め方

TitanFX(タイタンfx)の安全性:バヌアツ金融庁ライセンスと信託保全

TitanFXの安全性 バヌアツのライセンス
この記事は約6分で読めます。

海外FX Titan FX(タイタンfx)が保有するバヌアツ共和国金融庁ライセンスの安全性、それから資金の保全体制について解説します。

Titan FXのご紹介はこちら

海外FX TitanFX(タイタンfx)の評判・口コミと特徴
TitanFX(タイタンfx)は「ボーナスはいらないからその分、狭いスプレッドで取引したい!本格的なEAを無料で使いたい」というスペック重視のユーザーに最適の業者。 特に、スタンダード口座のスプレッドがかなり狭いため、初心者でも有利に...

Titan FX(タイタンfx)の所在地と保有ライセンス(バヌアツ)の安全性

Titan FXはTI Securities Limitedという法人が運営母体で、会社の所在地はバヌアツ共和国(1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu)となっています。

バヌアツ共和国は80ほどの島々から成る南太平洋に位置する国で、所得税や法人税等が無いためタックスヘイブンとして世界的に人気があります。通貨単位はバヌアツ・バツ(VUV)で1ドル = 100バツ前後で安定。

以前はセントビンセント・グレナディーン諸島のライセンスのもとブローカー業務と行っていたTitan FXですが、2017年7月よりバヌアツ共和国に拠点を移し、以前のセントビンセントライセンスに加えバヌアツ共和国金融庁(VFSC)のライセンスも取得しました。登録番号は「40313」です。

現在バヌアツライセンスを取得しているのはTitan FX、TradersTrust、FXPRIMUSの3社。

Titan FXと日本金融庁の関係性について

日本金融庁から「無登録業者」に指定されている

日本金融庁は「警告書の発出を行った無登録の海外所在業者」というリストを公開しており、金融庁が警告書の発出を行ったとされる業者の名前および所在地等が列挙されています。

その中にはしっかり「Titan FX Limited」の名前も載っていました。(リストアップされた2015年8月時点ではニュージランド法人の「Titan FX Limited」でしたが、現在はバヌアツ共和国法人の「TI Securities Limited」が運営母体です。)

日本金融庁に認可されていない理由

DMM FXやGMOクリック証券といった国内のFX業者は、日本の金融庁から認可された上で運営されています。対し、Titan FXはじめとする海外ブローカーは総じて日本の金融庁に登録しておらず、故に「無登録業者」と警戒されることもしばしば。

では、なぜTitan FXは日本の金融庁に認可されていないのでしょう。その理由は明確で、バヌアツ共和国の海外業者だからです。日本支社を持たぬ海外業者が日本金融庁に認可されることはありません。

Titan FXはバヌアツ共和国金融庁(VFSC)の監視下で運営されており、当局の金融ライセンス(No.40313)を保有しているので、「無認可」「無登録」というのはあくまでも日本国内の枠組みに限った話なのです。

日本金融庁無認可で法的には問題無いのか

日本の金融庁に認可されていない業者が日本国内で金融サービスを提供すると金融商品取引法違反となりますので、「無認可にも関わらず日本向けにFXをやってるTitan FXも違法なのでは?」という声が聞こえてきそうですが、実のところ法的には何ら問題無いのです。

Titan FX公式Webページの最下部を見てみましょう。そこには「米国、ニュージーランド、バヌアツ共和国在住のお客様、およびFX取引やCFD取引(両方またはどちらか)が国内法・規定により制限または禁止された地域に在住のお客様を対象としたものではございません。」との断り書きがなされています。

あくまでも「海外に住んでいる日本人向け」という態で提供されているため、日本の法律は及ばないのです。また、海外FXが国内で宣伝等を行うことはできませんが、我々トレーダーが“自発的に”取引するぶんには何ら問題ありません。

資産保全体制 信託保全は無いが、F.C.補償で安心感

分別管理・信託保全は?

バヌアツ金融庁もセントビンセント・グレナディーン金融庁も、監視下にある業者に対し信託保全を義務付けていないため、Titan FXにも信託保全はありません。ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)での分別管理のみです。

分別管理とは
分別管理とは、顧客から預かった資金と運営資金を別々に管理する方法です。万が一業者が破綻した場合、分別管理先の口座も差し押さえの対象となる可能性があるため、預けた資金が確実に戻ってくるという保証はありません。
信託保全とは
信託保全とは、顧客から預かった資金を銀行等の第三者へ信託することで保全する方法です。万が一業者が破綻したとしても、顧客の資金が業者の運営資金へ充てられたり差し押さえられることは絶対に無く、受益者代理人を通じて確実に返却されます。分割管理よりも強力な方法ですが、全額が補償される「完全信託」と補償額に上限が設けられている「一部信託」がありますので、業者選びの際は注意しましょう。

オーストラリア最大の銀行であるNABの倒産は考えづらいですが、万が一Titan FXが倒産した場合、預けた資金が失われる可能性はゼロではありません。

これまで出金に関するトラブルは無く、会社としては安心して利用できますが、念のため多額の証拠金を預けず、こまめな出金を心がけていれば問題ないでしょう。

より安心・安全な取引サービスの提供に努力 The Financial Commissionに加盟

2020.11 TitanFXは、The Financial Commission( 投資家とFXやCFD、仮想通貨ブローカーの紛争解決に特化した機関  )に加盟した。

これにより、同社はFinancial Commissionが定める規制を遵守した高品質のサービス提供が求められることになる。同社がメンバーに加入したことで、トレーダーは訴訟1件当たり最大20,000ユーロの補償を受けることができる他、Financial Commissionの各種投資家保護サービスの利用も可能になるという。

TitanFXは、FXを中心とする業界の専門家が集う紛争解決委員会(Dispute Resolution Committee, DRC)がサポートする外部紛争解決(External Dispute Resolution, EDR)機関だ。同機関は独立性を保った国際的なサービスを提供しており、仲裁機関や各国裁判所などの典型的な仲裁・調停機関よりも迅速な紛争解決を図っている。また、Financial Commissionに加盟する企業と取引する全ての顧客が、補償金を受けられるスキームを敷いている。

Financial Commissionが公表したレポートによると、2019年度の訴訟件数は前年度比7%増となった他、投資家からの請求金額は740万ドルと、2018年度と比較して2倍以上に増加し、過去最高に達したという。また、投資家が有利な形で紛争が解決した件数は179件と、2018年度の153件から17%増加したとのことだ。尚、同機関は加盟企業向けに、詐欺行為を防止する様々なサービスを導入している。例えば、DisputeWatchと呼ばれるツールは、顧客の訴訟履歴を確認することができる他、詐欺行為を行い得る疑わしき人物を通知するサービスを提供している。

TitanFXFinancial Commissionに加入したことで、多くの投資家の信頼を勝ち取ることに期待したい。

これまで以上に、より安心・安全な取引サービスの提供に努力しており、あまり信託保全にこだわりを持たなくても良さそうです。

関連記事

海外FX TitanFX(タイタンfx)の評判・口コミと特徴
TitanFX(タイタンfx)は「ボーナスはいらないからその分、狭いスプレッドで取引したい!本格的なEAを無料で使いたい」というスペック重視のユーザーに最適の業者。 特に、スタンダード口座のスプレッドがかなり狭いため、初心者でも有利に...
攻略!TitanFX(タイタンfx)口座開設方法・申込み手続き
海外FX Titan FX(タイタンfx)のリアル口座開設方法は、簡単で3分もあれば登録してトレードを試してみること(※)が出来ます。法人口座も開設可能です。専業主婦・大学生も大丈夫です。 Titan FXでは、経験豊富な日本語カスタ...

TitanFX 公式HP

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました