海外FX知恵袋

海外FXでスキャルピングをするなら確認したい業者選びのポイント

この記事は約7分で読めます。

「スキャルピングに興味はあるけど、具体的な仕組みや安全性が分からない。」
「海外FX口座を開設してスキャルピングをやってみたい!」

あなたはこのように考えていませんか?

スキャルピングには重視すべきポイントがいくつかあり、メリットやデメリットを理解していないと大損をする可能性が高くなります。

この記事の前半では、スキャルピングの基礎知識を紹介。
後半では、海外FXでスキャルピングを実践する前に確認すべきポイントを徹底解説しています。

この記事を読むと、スキャルピングを理解することができるようになるでしょう。

スキャルピングとは?短い時間でトレードを繰り返すこと!

スキャルピングとは海外FXのトレード手法のひとつ。
短いトレードを繰り返すことで利益を増やすことを目指します。
早ければ数秒から数分でエントリーから決済まで完了するトレードスタイルです。

スキャルピングの最大の魅力は、時間や通貨を限定せずにどんな相場状況でも利益を狙うことができる点です。

関連記事

海外FX 少額投資のデイトレードでおすすめの業者
「海外FX初心者にはデイトレードがおすすめ」 「デイトレードは拘束時間が短いからラク」 このような意見を聞いたことはありませんか? 実際、デイトレードは拘束時間が短い取引手法なので、初心者の方にぴったりです。 しかし他にもい...

資金効率が良く、稼げるのがスキャルピングのメリット

資金が少ない人でも、スキャルピングとレバレッジを利用すれば効率よく稼ぐことが可能です。
たしかに、海外FX業者のレバレッジは国内FX業者の25倍とは比べ物にならない高さ(500倍・1000倍など)で、数字だけで見ると恐怖心を抱くかもしれません。

しかし、きちんとリスク管理を行うことで損失を抑えることができます。
必ずしも1回の取引で大きな利益が出るわけではありませんが、継続して取引することで大きな利益を目指せるでしょう。

相場経験、テクニックがないと稼げないのがデメリット

結論から言うと、FX初心者がスキャルピングですぐに稼ぐことは難しいです。
安易にスキャルピングをすると利益を出すどころか、損失を出しかねません。
スキャルピングで稼ぐには、相場経験やテクニックが必要と言えます。

例えば、エントリーをするタイミングの見極めが重要です。
エントリー自体は数秒で終わるのですが、チャートの短期足を見ながら利益が出そうなタイミングを見計らわなければなりません。
相場経験がない初心者には、判断が難しいでしょう。

これからスキャルピングに挑戦する方は、リスクがあることを理解したうえで、少額から始めてください。

海外FX業者は国内FX業者と比べてスキャルピングへの規制が緩い

実は、短期間でたくさんの取引を行うことはほとんどの国内FX業者で禁止されています。
つまり、スキャルピングは規制の少ない海外FX業者と相性の良い手法と言えるのです。

また、国内FX業者を使ってスキャルピングをしたとしても、最大レバレッジが25倍なのでたいして稼ぐことはできません。
一方で、海外FX業者は500倍などの高レバレッジを設定できるのでスキャルピングに向いています。

関連記事

海外FXと国内FXを15項目で徹底比較!
「海外FXと国内FXどちらを選べばいいの?」 「海外FXと国内FXの違いって何?」 「国内FXやってるけど、稼げない」 あなたはこのような悩みをお持ちではないですか? 一見どちらも同じFXですが、海外FXと国内FXには大きく...

スキャルピングで確認すべきこと6つ

スキャルピングのメリット・デメリットについて理解していただけましたでしょうか?

スキャルピングは、海外FX向けのトレード方法であることをお伝えしました。

しかし、どの海外FX業者を利用してもいいわけではありません。

そこで、スキャルピングする前に確認したいポイントを6つ紹介します。

  1. スキャルピングを禁止していないか
  2. ダイレクトで取引ができるNDD方式であるか
  3. 取引手数料・取引コストは安いか
  4. スリッページを心配しなくて良い、約定力が高い業者であるか
  5. 口座の強制ロスカット水準は低いか
  6. 追証なしのゼロカットシステムを採用しているか

①スキャルピングを禁止していないか

スキャルピングをする際は海外FX業者が許可しているかを確認する必要があります。

海外FX業者が禁止しているにもかかわらず、スキャルピングをしてしまうとペナルティーを受けることもあります。

ほとんどの海外FX業者は、ホームページにスキャルピングを禁止しているかどうかを記載しているので、よく確認しましょう。
禁止と明記しされていなかった場合でも、きちんと問い合わせをしてからスキャルピングをするほうが安心です。

関連記事

XMエックスエムはNDD方式。スキャルピングOK
XMtrading(エックスエム)は、スキャルピング(NDD方式)を認めている。 近年のFXではスキャルピングというトレード手法が人気になり、やってみたい人も多いだろう。 しかし、スキャルピングはFX業者によっては禁止されている...
海外FX 最狭スプレッド&ストップレベル0のTitanFXでスキャルピング(NDD)
海外FX業者を選択する際は、スプレッドの狭さやボーナスの豪華さなど目が行きがちで、ストップレベルを重要視するトレーダーはあまり多くないかもしれませんね。しかしスキャルピング等の短期トレードを行うトレードにとっては、ストップレベルの大小が利益...
GEMFOREXでスキャルピングは違法!?スキャルの禁止事項とおすすめ口座
GEMFOREXの最大レバレッジはなんと1000倍! そのパワーからGEMFOREXでスキャルピング取引しようと考えているトレーダーも多いことでしょう。 取引に勝てば大きな利益を得られますし、もし負けたとしてもゼロカットシステム...

②ダイレクトで取引ができるNDD方式であるか

FX業者が採用している取引の方法に、NDD方式とDD方式の2通りがあります。

  • NDD方式
    トレーダー→インターバンク市場
  • DD方式
    トレーダー→ディーラー→インターバンク市場

トレーダーの注文を直接インターバンク市場に出しているNDD方式のほうが迅速な取引が可能です。
NDD方式を採用しているFX業者のほとんどは、スキャルピングを禁止していません。
海外FXではこちらのNDD方式が一般的ですが、一部DD方式も。

DD方式を採用した海外FX業者はスキャルピングを禁止していることが多いです。
念のため、NDD方式を採用しているのか確認しましょう。

関連記事

海外FX業者のNDD方式とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説
海外のFX業者と国内FX業者を比較する中で、NDD方式という言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか? NDD方式とは、FXの約定の方式のこと。 最もオーソドックスで公平性の高い約定方式だと言われています。 海外F...
海外FXでもDD方式ある?特徴やメリット・デメリットを徹底解説
この記事では、以下のような疑問を持った方に向けて書かれています。 DD方式の特徴とは? 国内のFX業者がDD方式を取り入れる理由は? NDD方式との違いは? この記事を読むことで、FX取引の際にDD方式を採用する...

③取引手数料・取引コストは安いか

スキャルピングは小さな取引を何度も繰り返すことで利益を積み上げていく手法です。
そのため、取引回数が増えるのは必至です。

1回1回の取引にかかる手数料を確認しておくべきでしょう。

取引にかかる手数料は口座の種類によって変わります。

  • STP口座(スタンダード口座)
    スプレッドのみの負担
  • ECN口座(低スプレッド口座)
    スプレッドと取引手数料が必要

また、海外FX業者によってもスプレッドは異なるので比較しておくといいですね。

関連記事

海外FX業者の取引コストを徹底比較!手数料の節約方法
「たくさん儲けたはずなのに、想像していたよりも入金額が少なかった・・・。」 このような経験をしたことはありませんか? 海外FXでは様々なタイミングで手数料がかかってしまいます。 できることなら、手数料は抑えたいですよね。 ...

④スリッページを心配しなくて良い約定力が高い業者であるか

FX取引をする際に、注文するときと約定するときにレートの差が生じる場合があります。
このレートの差を「スリッページ」と言います。

スリッページが発生する原因として、サーバーの処理速度や物理的距離などが挙げられます。
そのため、スリッページ発生率が低い、約定力の高い海外FX業者を見つけなければなりません。

実際に取引してみなければ判断が難しいところもありますが、参考までにおすすめの海外FX業者を紹介しています。
迷ったら、大手の海外FX業者を選ぶのが無難でしょう。

関連記事

海外FX業者は約定力で選ぼう!約定力が弱いと発生する3つの不利益
海外FX業者は無数に存在するため「どこを選んでよいか分からない」という人も多いのではないでしょうか? 海外のFX業者を選択する基準として、安全性やレバレッジなどがあります。 しかし、利益を出す上で欠かせない基準が約定力です。 ...

⑤口座の強制ロスカット水準は低いか

口座の強制ロスカット水準とは、証拠金維持率が決められたパーセントを下回ると自動的に強制決済になる維持率のことです。

強制ロスカット水準が高い海外FX業者は利益約定を待たずに強制決済され、損失を出すことが多くなってしまいます。
強制ロスカットを防ぐには、水準が低い海外FX業者を選びましょう。

関連記事

海外FX 強制ロスカットとは?損しないための3つの方法!
これから海外FXを始められる方で、「証拠金維持率って?」「強制ロスカットって何?」という疑問を持っている方もいるでしょう。 今回は、証拠金維持率と強制ロスカットについて解説していきます。 また、国内・海外FX会社の強制ロスカット水準...

⑥追証なしのゼロカットシステムを採用しているか

ゼロカットシステムは高レバレッジで取引する方にとってうれしい味方です。

高レバレッジだと大きな損失がどうしても心配になる方も多いでしょう。
しかし、このゼロカットシステムを導入している海外FX業者は、残高がマイナスになってもそのマイナス分を補填してくれるのです。

ゼロカットは国内FX業者にはない機能で、海外FX業者の魅力のひとつ。
証拠金以上の損失は出ないため、借金を抱える心配がありません。

FX初心者でこれからスキャルピングを始める方は、ゼロカットがあるか必ず確認しておきましょう。

関連記事

海外FXに追証がない理由やゼロカットシステムについて徹底解説!
「海外FXには追証がない理由が知りたい」 「ゼロカットシステムの仕組みが知りたい」 あなたはこのように考えていませんか? 国内FX業者で取引を行われている方の中には、海外FXに追証がないことやゼロカットシステムを知らない方も多...

まとめ:スキャルピングをして短期間で大きな利益を出そう

ここまでスキャルピングをするときに確認したいポイントを解説しました。
スキャルピングはハイリスクハイリターンですが、短期間で大きな利益も狙うためには有効なトレード方法のひとつです。

今回紹介したメリットやデメリットを理解したうえで、あなたの取引スタイルに合えば取り入れてみてください。

繰り返しになりますが、スキャルピングをするなら海外FX業者選びが重要です。
以下の選び方のポイントをおさえて、海外FX業者を選びましょう。

  • スキャルピングを禁止していないか
  • ダイレクトで取引ができるNDD方式であるか
  • 取引手数料・取引コストは安いか
  • スリッページを心配しなくて良い、約定力が高い業者であるか
  • 口座の強制ロスカット水準はどうか
  • 追証なしのゼロカットシステムを採用しているか

スキャルピングするなら

海外FX 最狭スプレッド&ストップレベル0のTitanFXでスキャルピング(NDD)
海外FX業者を選択する際は、スプレッドの狭さやボーナスの豪華さなど目が行きがちで、ストップレベルを重要視するトレーダーはあまり多くないかもしれませんね。しかしスキャルピング等の短期トレードを行うトレードにとっては、ストップレベルの大小が利益...

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました