XMを知る

XMの追加口座・複数口座開設はいくつまで?メリットとは?

XM追加口座開設の方法
この記事は約12分で読めます。

国内のFX業者の場合、原則として一人が持てる口座は一つのみで、複数の口座を持つためにはいくつものFX会社で口座開設する必要があります。

一方、海外FXのXMtrading(エックスエム)では「追加口座」という仕組みが設けられており、同一名義で(初めに作った口座含め)最大8つまで複数口座を持てます。

XMの追加口座を活用して口座をいくつか持つことで、通貨ペア毎やトレードスタイルに応じてスマートに使い分けることができるので、ぜひこの記事を通じてその利便性を知ってください。

口座開設がまだの方はこちら

【初心者XMの始め方】口座開設〜入金〜MT4,5での取引方法まで解説
XM Trading(エックスエム、XM トレーディング)は、2009年に設立され、2021年時点で12周年を迎え、現在では196か国・25万人ものトレーダーに愛用されている、海外FX業界のトップブローカーである。 本ページではそんなXMの始め方について、まずは口座開設方法から実際画像で初心者にも分かりやすく解説していく。必要な書類やボーナスの受取り方もご案内していきます。 XMで...

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

複数の追加口座を作るメリット・必要性

XMで追加口座を作るとどのようなメリットがあるのか。活用事例をいくつか見てみましょう。

口座タイプを使い分けられる

XMでは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3つの口座タイプが用意されています。最初に口座開設するときに3つのうちのどれかを選ぶわけですが、「やっぱりあの口座を使いたい」「他の口座タイプと併用したい」といったときに追加口座が重宝します。

デイトレードはスタンダード + スキャルピングはXM Zero + 練習や検証にマイクロ…といった具合で、用途やトレードスタイルに合わせて使い分けてみては如何でしょう。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

基本通貨を使い分けられる

XMでは円建て、米ドル建て、ユーロ建ての3種類が用意されていて、口座ごとに別々の基本通貨を設定することができます。「最初に円建て口座を作ったけど、米ドル建て口座も使いたい」といったときには、米ドル建ての追加口座を作ればOKです。

ドル円とクロス円ペアは円建て、ユーロドルやポンドドルなどのドルストレートペアはドル建てで取引することで、ピップスあたりの損益が計算しやすくなります。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

通貨ペア別に管理できる

普段取引する通貨ペアが絞られている方は、通貨ペア別に口座を分けてみましょう。XMでは同一名義で8つまで口座を持てますから、最大8つの通貨ペアを口座ごとに管理できます。

ドル円専用口座、ユーロドル専用口座、ポンドドル専用口座…といった具合に分けることで、ペア毎の損益や勝率が掴みやすくなるでしょう。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

低レバ口座とハイレバ口座を分けられる

XMは最小1倍から最大888倍まで幅広いレバレッジ設定で、追加口座を作る際に設定することができます。口座ごと上限レバレッジを決められるので、効率重視のハイレバ口座と安全性重視の低レバ口座を使い分けてみるのも良さそうです。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

MT4とMT5の両方を使い分けられる

XMでは取引プラットフォームとしてMetaQuotes Software Corp.の「MetaTrader 5」と「MetaTrader 4」を採用していて、追加口座を作ればどちらも使うことができます。

MetaTrader 5通称「MT5」は同ソフトの最新バージョンで、旧バージョンのMT4よりも時間足の種類が増えたほか、ナビケータウィンドウや銘柄の検索機能が格段に使いやすくなっており、マルチコア対応により動作スピードも改善されています。「基本的なインジケータと描画ツールが使えれば良い」という裁量トレーダーは、迷わずMT5を選びたいところ。

一方のMetaTrader 4通称「MT4」は、旧型でありながら今でも根強い人気を誇ります。その背景にあるのがプログラム言語「MQL」の互換性問題。MT4の「MQL4」とMT5の「MQL5」は全く互換性が無く、MT4向けに開発されたいEA(自動売買プログラム)やインジケータをMT5で動かすためにはプログラムを書き直さねばならないため、リリースから8年が経った今でもなかなか移行が進んでいません。

MT4もMT5も一長一短あり、どちらも甲乙つけがたいので、トレードスタイルによって使い分けるというのが最適解かもしれません。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

複数のEA(自動売買プログラム)を動かせる

いくつものEA(自動売買プログラム)を動かしたいときこそ、追加口座の出番です。EAごとに口座を分けて運用することで、各EAの成績や残高推移が把握しやすくなります。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

ロイヤルティステータスのランクアップ・維持用にマイクロ口座を持つ

これはちょっとした小技ですが、マイクロ口座を作って最小ロット(10通貨または100通貨)の取引を毎日繰り返すだけで、ほぼノーリスクでXMロイヤルティプログラムのステータスを最速で上げることができます。

XMロイヤルティプログラムとは、取引ごとにXMP(XMポイント)が貯まるXMならではのシステムで、貯まったポイントは証拠金または現金に交換できます。初期のEXECUTIVEランクでは10万通貨の取引につき10XMPですが、最上ランクのELITEへランクアップさせれば倍の20XMP/10万通貨へ跳ね上がるため、毎回の取引が更にお得になります。

そのランクアップの鍵となるのが取引日数で、ELITEランクへ到達するためには100日取引する必要があります。「100日取引」と聞くとかなり大変そうなイメージですが、面白いことに10分以上ポジションを持てばロット(枚数)に関わらず「取引した」とみなされるので、最小ロットの10分取引を100日繰り返せば、ほぼノーリスクでELITEランクを手に入れられます。

しかもロイヤルティステータスは口座をまたいで名義単位で管理されるため、ランクアップ専用のマイクロ口座でELITEを手に入れてしまえば、自身が保有する全ての口座において20XMP/10万通貨のキャッシュバックが得られる状態に!

もちろんこの方法は利用規約に違反しませんのでご安心を。

XM(エックスエム)ポイントの使い方
XMtrading(エックスエム)は、XMポイント(XMP)という独自のポイントシステムを提供している。 普段トレードしているだけでは気づかないかもしれないが、XMポイントは非常に有効的な活用ができるシステムだ。 しかし、XMポイントの知識がなければ上手に活用することはできないだろう。 このページでは、XMポイントの基礎知識からメリットに活用方法まで幅広い情報を満載しているので、...

XMtrading(エックスエム)の追加口座・複数口座開設の方法

それではXMの追加口座の作り方を手順を解説していきます。

XMで初めて口座を作る際には本人確認書類を提出しなくてはなりませんが、追加口座を作る際には書類の再提出は不要ですので、ものの数分で終わりますよ。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

マイページにログイン(ボーナスキャンペーン)

まずは「 XMマイページ」を開きながら読み進めていこう。

XM my page QRcode

ページを開くと下記のようなページが表示される。

これは、クッキーを利用する事に承諾する事を意味する。

「続行する」で問題ないが、念の為、下記でクッキーの意味を理解しておこう。

クッキー(cookie)とは?・・・・訪れたユーザー情報をログとして記録する機能だ。例えば、FBやTwitterへログイン後、再度訪れた際に、パスワードやIDを入力せずにログインできた事がないだろうか?まさにそれがクッキーの機能で、WEB上の閲覧効率を上げる為のシステムである。

XMのログインページへアクセスしたら「MT4/MT5 ID(リアル口座)」の欄に口座IDを、「パスワード」の欄には口座開設時に自身が設定したパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをクリック。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

「追加口座を開設する」ボタンをクリック

XMマイページトップにある「追加口座を開設する」ボタンをクリック。

XM 追加口座開設

追加口座の開設フォームが現れるので、それぞれの項目を埋めていきましょう。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

MetaTraderへのログイン方法

口座IDと取引サーバー名を確認

追加口座を作ると同時に「XMTradingへようこそ」というメールが届きます。メールには、追加口座へログインするための「MT4 / MT5の口座ID」と「取引サーバー名」が書かれているため、必ずメモを控えるようにしましょう。

MetaTraderで追加口座へログイン

最後に、MetaTraderを用いて追加口座へログインしてみましょう。MT5でも、MT4でも手順は変わりません。

MetaTraderを起動後、ウィンドウ上部にある「ファイル」から「取引口座にログイン」をクリック。

ログインウィンドウが現れるので、「ログイン」の欄に追加口座の口座IDを、「パスワード」の欄には先ほどの追加口座フォームにて自身が設定したパスワードを入力。先程のメール内に書かれているサーバー名を「サーバ」欄から選び、「OK」ボタンを押せばログイン出来ます。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

複数口座間の資金移動(資金振替)について

資金移動できるのは同一名義かつ有効化済みの口座間

XMでは、自身の名義で保有する口座間、かつ相互の口座が有効化されていれば、自由に資金を移動させることができます。円建て口座から円建て口座などの同一通貨であれば手数料は掛かりません。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

資金移動はマイページから簡単にできる

移動元の口座IDでXMマイページへログイン後、「資金振替」から資金移動の手続きができます。

手続きとは言っても手順はとても簡単で、移動先の口座IDを選んび、移動額を入力し、「リクエスト送信」ボタンを押すだけ。リアルタイムで反映されます。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

移動額に応じてボーナスも移る(一部例外も)

XMでは様々なボーナスキャンペーンが用意されていて、口座へ振り込んだ「リアルマネー」とキャンペーンで貰った「ボーナス」を合わせて取引証拠金として使うことができます。

原則としてボーナスとリアルマネーは完全に区別されており、リアルマネーは「残高」として、ボーナスは「クレジット」として別々に管理されているのですが、資金移動させる際は、クレジットと残高は紐付いた状態となります。

資金振替で残高を移動させると、その額に応じたボーナスも自動的に移る仕組みになっています。ボーナスを残したまま残高を移動させることはできませんし、逆に、残高を動かさずにボーナスのみを移動させることもできません。

ただし、移動先の口座がXM Zero口座の場合、もしくはボーナスの受け取りを拒否している場合、移動分のボーナスは消えてしまいますので注意しましょう。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

移動先口座の基本通貨が異なる場合

円建て口座から米ドル建て口座、ユーロ建て口座から米ドル建て口座など、基本通貨が異なる口座間でも資金移動はできますが、その場合0.3%の手数料が移動元口座から引き落とされます。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

注意点

複数口座間でゼロカット狙いの両建ては規約違反

XMは両建てOKだが、複数口座間の両建ては禁止されているので、注意が必要だ。

重要な経済指標や政治的なイベントの際は相場が大きく動くため、A口座で買い・B口座で売りといった具合で口座をまたいで両建てすれば、一方の口座はゼロカットで損失が限定され、もう一方の口座では利を狙えます。一見必勝法にも思えるこの手法ですが、ゼロカットを狙った複数口座間での両建ては規約違反にあたり、口座凍結の恐れがあります。

ゼロカットはいわば非常ブレーキ的な役割であり、利を牛耳るための道具ではありません。フェアなトレードを心がけましょう。

XM(エックスエム)両建てバレる?バレない?禁止事項は?
海外FXのXMTRADINGを利用する場合、両建てについて詳しい知識を持つべきだ。 ネットでは、両建てがバレるバレないの議論が見受けられるが、そもそもXMでは両建てを認めている。 ただ、方法によっては禁止事項に抵触する可能性もあり、事前に予習したうえで両建てを始めなければならない。 また、両建てのメリット・デメリット、両建てトレードの優位性まで、両建てする際に知っておくべき知識や情報は多...

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

90日間放置すると「休眠口座」もしくは「凍結口座」に

取引や入金・出金が全く行われていない状態が90日間続くと「放置」とみなされ、そのタイミングで口座に残高が残っている場合は「休眠口座」へ切り替わります。休眠口座になると、以降は毎月5ドルの口座維持手数料が引き落とされ、口座内にあるボーナスクレジットが消えてしまうので注意しましょう。

休眠口座をアクティブ口座へ戻す方法は至って簡単で、取引や入出金を行えばOK。ただし、一度失われたボーナスは戻りません。

残高が無くなった状態で90日間放置すると「凍結口座」となり、マイページへのログインおよびMetaTraderでの取引が一切出来ない状態となります。ひとたび凍結されてしまった口座は二度と復活できません。

追加口座を作りすぎると管理できなくなってしまいますので、ご利用は計画的に。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

ボーナスの二重取りはできない

XMではリアル口座を開設するだけで3,000分のボーナスクレジットを貰うことができますが、それが貰えるのは初回開設に限ります。追加口座を作っても口座開設ボーナスを再び貰うことはできません。(当サイト限定ボーナスは1人1回に限り適用)

また、入金ボーナスの残額も口座単位ではなく名義単位で管理されているため、二重取りはできません。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

資金移動させると額に応じたボーナスも移動

先述したとおり、資金振替で残高を移動させるとその額に応じたボーナスも自動的に移ります。

例えば残高10万円 + ボーナス6万円 = 16万円の証拠金があるA口座からB口座へ5万円の残高を移す場合、5万円は10万円の50%にあたりますので、ボーナスも同様に6万円の50%にあたる3万円が移ります。結果として、残高5万円 + ボーナス3万円 = 8万円の証拠金がB口座へ移ります。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

全口座の有効証拠金が一定額を超えるとレバレッジが制限される

XMでは原則として最大888倍(Zero口座は最大500倍)という非常に高いレバレッジを提供しています。しかしながら、多額の資産を888倍ものレバレッジで運用するのは大きなリスクを伴うことから、保有する全口座の有効証拠金が一定額を超えるとレバレッジが制限される仕組みとなっています。

具体的には、全口座の有効証拠金が2万ドル(約200万円)を超えると、保有している全口座の最大レバレッジが200倍へ制限され、10万ドル(約1,000万円)を超えると100倍へ制限されます。

  • 有効証拠金2万ドル未満:最大888倍もしくは最大500倍(Zero口座)
  • 有効証拠金2万ドル以上:最大200倍へ制限
  • 有効証拠金10万ドル以上:最大100倍へ制限

例えば、A口座に10,000ドル+B口座に5,000ドル+C口座に3,000ドル入っている場合、全体の有効証拠金は18,000ドルなので、レバレッジ制限はありません。ところが、B口座で3,000ドルの利益を上げて残高が8,000ドルへ増えると、全体の有効証拠金は21,000ドルになるので、全ての口座の最大レバレッジが200倍へ制限されます。

もし残高超過によってレバレッジが制限されてしまったときは、全体の有効証拠金が2万ドル以下になるように出金したのち、その旨を日本語サポート(support@xmtrading.com)へ連絡すれば元のレバレッジへ戻してくれます。

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

口座タイプによって通貨ペア名が異なる

XMでは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Zero口座」の3種類の口座タイプが用意されていて、3つともほぼ同じ通貨ペアを取引できるものの、MetaTrader上ではそれぞれ通貨ペア名や銘柄名が異なります。

例えばドル円(USDJPY)一つとっても、スタンダード口座では「USDJPY」、マイクロ口座では「USDJPYmicro」、Zero口座では「USDJPY.」といった具合で3種類の表示名が存在しています。

  • スタンダード口座:そのまま(USDJPY)
  • マイクロ口座:末尾に“micro”が付く(USDJPY→USDJPYmicro)
  • XM Zero口座:末尾に“.”(ドット)が付く(USDJPY→USDJPY.)

公式サイト:
XMTrading|口座開設ボーナス実施中!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました