XMTrading始め方

XM(エックスエム)ポイントの使い方

この記事は約7分で読めます。

XMtrading(エックスエム)は、XMポイント(XMP)という独自のポイントシステムを提供している。

普段トレードしているだけでは気づかないかもしれないが、XMポイントは非常に有効的な活用ができるシステムだ。

しかし、XMポイントの知識がなければ上手に活用することはできないだろう。

このページでは、XMポイントの基礎知識からメリットに活用方法まで幅広い情報を満載しているので、ぜひ最後までご覧になっていただきたい。

・XMポイントを効率よく貯める方法は、マイクロ口座でエリートランクになってから本格トレードを開始
・XMゼロ口座はXMポイント対象外

XMポイントのシステムとは

XMポイントは、トレードのたびにポイントが貯まるシステムだ。

貯まったポイントは、証拠金に使えるボーナスに交換、または現金に換金できる

ボーナスでも現金でも使い道はトレーダーが自由に選べるし、特定の条件下で消滅するケースを除けば、いつでも自由に交換して大丈夫だ。

さらにXMでトレードする期間が長くなればポイント付与率も高まり、XMでトレードを続ける理由にもなるだろう。

このようにXMポイントはトレーダー側もXM側もお互い得するシステムになっている。

以下の表は、通貨数に対して得られるXMポイントと証拠金になるボーナスそして現金にできる具体的な数字を示しているので、確認しておいて欲しい。

XM ポイント付与数

※ロイヤリティステータスが初期ランクのExecutiveの場合

上記の表で「約」という表記にしているのは、交換した際のUSD/JPYの為替レートにより変動するためだ。

また、最低ランクによる付与率なので、最高ランクまでステータスがアップすれば上記表の2倍の付与率に高まる

XMでトレードを続けるほど受けられる恩恵が高まるため、新規顧客だけでなく既存顧客に対してもXMは大事に考えている証拠になるだろう。

ロイヤリティステータスの4段階のランク

ロイヤリティプログラムのステータス

XMポイントは、ロイヤリティステータスの4つのランクが関係する

トレード期間が長くなると段階的にステータスはアップしていく。

また、期間限定キャンペーンでステータスランクが高い位置から始められる場合もある。

ロイヤリティステータスのランクは、以下のとおり

XM ステータスアップ条件

上記の表のとおり期間が長くなればステータスが上がり、ステータスが上がれば付与されるXMポイントが増える。

逆に言えばどれだけ大量にトレードするトレーダーでも、一定期間待たなければステータスはアップしない仕組みだ

仮にXMポイントに重きを置く場合は、ロット数は最小限の0.01ロットにしてステータスがアップするまで待機するべきだろう。

ロイヤリティステータスのランクを上げる方法とは

ここまで説明してきたとおりロイヤリティステータスのランクを上げる方法は、とにかくトレードを続けるしかない。

あるいは期間限定でステータスランクが高い状態から始められるときに口座開設をするべきだろう。

残念ながら裏技のような方法なく、XMでのトレード実施期間が全てとなる

ロイヤリティステータスのランクが下がる理由とは

ロイヤリティステータスのランクが下がる原因は、ランクが上がる日数と同じ期間トレードされていなければランクが下がってしまう。

以下に表を用意した。

XM ステータスダウン条件

とりあえずトレードさえすればランクは下がらないので、0最低限の.01ロットだけでもトレードしてランクが下がらないように注意しよう。

注意するべき6つのポイント

XMポイントを有効的に活用するうえで注意点がある。

ここでは代表的な6つの注意点を解説していく。

6つの注意点

1.新規注文後10分以内の決済はXMポイント対象外

2.XMゼロ口座はXMポイントの付与なし

3.XMマイクロ口座とXMスタンダード口座のロット数の違い

4.現金に交換するためにはダイアモンド以上のステータスが必要

5.他の取引口座でもXMポイントは共通して貯まる

6.XMポイントで交換したボーナスは出金不可

新規注文後10分以内の決済はXMポイント対象外

新規注文後10分以内の決済は無効だ。

スキャルピングトレーダーは10分以内に決済するケースも多く、無効になる可能性が高いだろう。

その一方で、XMポイントが貯まらないからといって10分以内に決済することを躊躇って損失を出してしまうことは本末転倒になるため、必要以上に気にしないほうが賢明だ。

ゼロ口座はXMポイントの付与なし

XMはトレードする口座に、XMマイクロ口座・XMスタンダード口座・XMゼロ口座の3種類がある。

そのうちXMゼロ口座はトレードしてもXMポイントの付与はされない。

XMゼロ口座でトレードしてXMポイントが貯まらないからといって疑問に思わないようにしよう。

マイクロ口座とXMスタンダード口座のロット数の違い

XMマイクロ口座とXMスタンダード口座はロット数が違う。

XMマイクロ口座はXMスタンダード口座の1/100で1ロットになっている

同じ1ロットでトレードしても貯まるXMポイントも1/100だ

とはいえ無理にロット数を増やすことはリスクを高めるだけなので、参考程度に留めておくべきだろう。

現金に交換するためにはDIAMOND(ダイアモンド)以上のステータスが必要

XMポイントを現金に交換したい場合、DIAMOND以上のステータスが必要だ

つまり、DIAMONDまたはELITEしか現金に換金ができないため、最低でも60日はトレードしてステータスを上げる必要があるということだ。

もちろん証拠金として使えるボーナスには交換できるので安心して欲しい。

他の取引口座でもXMポイントは共通して貯まる

XMはアカウント内に合計8つの取引口座を開設できる。

アカウント内のXMポイントは共通して扱われ、いずれの取引口座でも自由に交換可能。

特定の取引口座で貯めたXMポイントは他の取引口座では使えないといった勘違いはしないようにしよう。

XMの追加口座・複数口座開設はいくつまで?メリットとは?
国内のFX業者の場合、原則として一人が持てる口座は一つのみで、複数の口座を持つためにはいくつものFX会社で口座開設する必要があります。 一方、海外FXのXMtrading(エックスエム)では「追加口座」という仕組みが設けられており、同...

XMポイントで交換したボーナスは出金不可

XMポイントで証拠金としてボーナスに交換した場合、それは出金できない。

その制限は新規口座開設ボーナスや入金ボーナスと同じで、出金対象外になっている。

もちろん利益分は出金になるので、交換したボーナスで利益を得られるように頑張ろう。

XMエックスエムの3大ボーナスの種類とルール・ボーナスリセット条件
XMtrading(エックスエム)の3大ボーナス(口座開設ボーナス・入金ボーナス・ロイヤリティプログラム)の仕組みとリセット条件について詳しく解説していきます。 以前は、海外FXと言えばハイレバレッジとビッグなボーナスが大きなセールス...

効率良く貯める方法とは

XMポイントを効率よく貯める方法は
マイクロ口座を開設し、最小限のロット数で100日トレードすること。

マイクロ口座は、XMポイント対象口座でありながら、最小取引数量は10通貨となり、数円からトレードを始める事が可能だ。

マイクロ口座のスペックを利用し、毎日数円のみトレードを行い、ステータスランクアップ条件を達成する。

エリートランクまで達成すると、1ロットにつき20XMPが付与される為、このタイミングで本格トレードを開始すれば、効率良くXMポイントを受け取る事が可能となる。

ただ、取引期間は必ず100日以上必要となるため、時間はとられてしまうのがデメリットだ。

XMポイントの交換方法+ロイヤリティステータスの確認

XMポイントの確認方法は、会員ページにログインして画面右上のロイヤリティポイントをクリックすれば確認できる。

表示されたページにボーナスまたは現金に交換する項目があるので、クリックして必要分のXMポイントを交換しよう。

交換するときの計算式とは

XMポイントの計算式は、ボーナスと現金で異なる。

  • ボーナス=XMポイント÷3
  • 現金=XMポイント÷40

上記の計算はUSDで計算した場合で、口座通貨をUSD以外にしていればXMが決める為替レートが適用される。

交換は現金よりボーナスのほうがおすすめ

XMポイントの交換は、現金よりもボーナスをおすすめする

ここまで説明してきたとおり、XMポイントを現金に交換するとボーナスの1/10程度にしかならない

出金する際に少し現金が足りない際にXMポイントに交換するのは悪くないが、トレードを続けるのであればボーナスに交換して利益を目指すべきだろう。

XMはハイレバレッジトレードができるし、ボーナスに交換してほんの数pipsで現金に交換できる利益を得られることも珍しくない。

全額出金でもしないかぎりは、現金のほうが得のように感じず、ボーナスに交換してトレードをしてみてはいかがだろうか。

XMポイントだけを使った取引口座でリスクゼロトレード

XMポイントは、アカウント内の取引口座は共通で扱われる。

たとえば、XMポイントをボーナスに交換してトレードするだけの取引口座を作成することも可能で、リスクゼロのトレードができるだろう。

普段トレードする取引口座にはXMポイントのボーナスを一切交換せず、一定期間XMポイントを貯めてから専用口座にボーナスを交換してみてはいかがだろうか。

XMポイントは貯め続ければ予想外に増えている場合もあり、使い道は各トレーダーの考え方次第だろう。

ひとつの方法としては、重要経済指標のときにXMポイントのボーナスを全額突っ込むギャンブルトレード等も面白いかもしれない。

ぜひXMポイント専用口座を作成して活用してみてはいかがだろうか。

XMの追加口座・複数口座開設はいくつまで?メリットとは?
国内のFX業者の場合、原則として一人が持てる口座は一つのみで、複数の口座を持つためにはいくつものFX会社で口座開設する必要があります。 一方、海外FXのXMtrading(エックスエム)では「追加口座」という仕組みが設けられており、同...

XM公式HP  XM会員ページ

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました