XMを知る

XM(エックスエム)の出金方法(ルールを知れば出金拒否は無い!)

XM元金分の出金する時のルール
この記事は約15分で読めます。

XMtrading(エックスエム)では、「銀行送金」や、米ドルや欧州ユーロなど他通貨に対応した「オンラインウォレット」「クレジットカード/デビットカード」など様々な出金方法を提供しています。

XMでは、これら5種類の出金方法をサポートしています。その中でも、クレジットカード(VISA)と銀行送金を利用し、出金するユーザーが圧倒的に多いです。

その理由には、XM独自の出金ルールが影響しています。XMにて出金を行うには、「入金方法と同一の方法で出金しなくてはいけない」「利益分は銀行送金でのみ出金可能」といったXM独自の出金ルールに従って出金手続きを行う必要があります。
そのため、入金方法で利用率の高い、クレジットカード(VISA)と銀行送金が、出金方法としても利用率が高くなっています。

XMで出金手続きを行う上でXM独自の出金ルールの理解は非常に重要です。この記事では、XMにてトラブルなしに安心して出金を行うことができるよう、XM独自の出金ルールについて詳しく解説します。

XMtrading(エックスエム)の出金ルール・出金順番

元金分は入金と同じ方法で出金。利益分は銀行振込。

XMでは、マネーロンダリング対策として、元金分は、入金した方法と同じ方法で出金しなければならないというルールがあります。

クレジットカード/デビットカードで入金した場合は、元金分に達するまでは、同じクレジットカード/デビットカードに出金を行います。但し、XMでは、JCBカードの出金には対応していないため、JCBカードで入金した場合は、銀行送金で出金となります。

元金分の基本イメージ

XM元金分の出金する時のルール

 

XM会員ページの出金方法一覧には、銀行送金による出金と過去に入金で利用した方法のみ表示されます。クレジットカード(VISA)と、オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY、BXONE)で入金したことがない場合、出金方法一覧には表示されません。入金時と同じ方法で出金ください。

トレードで得た利益の出金は銀行振込で

XMでは、クレジットカード(VISA)やオンラインウォレットで入金した場合、入金した金額までは同じ方法で出金し、トレードで得た利益分の出金は銀行振込を利用することになっています。XMでは、銀行振込以外の方法で、利益分を出金することはできません。

クレジットカード(VISA)や、オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY、BXONE)にて入金額以上の金額で出金申請を行うと、入金額以上の金額に関しては、取引口座へ資金が戻され、XMより銀行振込にて再度出金申請を行うよう案内が届きます。再度、銀行振込にて出金申請を行ってください。

複数の入金方法を利用した場合は出金優先順位がある

複数の入金方法を利用して、XMの口座に入金した場合、出金優先順位が定められています。優先される出金方法の順位に沿って、入金額を出金した後、利益分の出金を行うことができます。

出金の優先順位(優先度高い順)

  1. クレジットカード/デビットカード
  2. オンラインウォレット(bitwallet、STICPAY、BXONE)
  3. 銀行送金
  1. 国内銀行振込を使って20万円入金
  2. 続けてクレジットカードで10万円入金
  3. 更にオンラインウォレットで1万円を入金。

その後、9万円の利益が発生したとします。XMの合計残高は40万円。

 

この場合、出金の順序は

  1. クレジットカードに10万円を出金
  2. オンラインウォレットに1万円を出金
  3. 最後に銀行振込にて、利益分9万円を含む、29万円を出金することができます。

クレジットカードや、オンラインウォレット等でいくら入金したのかわからなくなった場合は、XMのサポートデスクまで問い合わせるか、または、銀行振込で出金申請を行うと、XM側で優先順位に沿って自動的に出金(返金)処理が進められ、利益分は申請通り、銀行振込にて出金処理が行われます。

出金方法

早見一覧表(手数料・着金時間日数・最低出金額)

XM出金方法別早見一覧表

(※国内銀行に出金する場合は別に出金手数料が発生する。)

上記の表で最も注目して欲しいポイントは、利益分の出金についてである。

XMでトレードをする本質は、利益を得れば出金して現金にすることだ。

つまり、利益額を出金できなければトレードをする意味がないだろう。

XMでは複数の出金方法が提供されているが、残念ながら海外銀行送金しか利益分の出金を行うことはできない

少し前までは海外銀行送金以外でも利益分を出金できたが、各社の規約等により入金額分しか出金できなくなった

したがって、海外銀行送金以外の他の方法で出金する際は、あくまで入金額と同額までの出金になる。

また、クレジットカードであれば一定期間経過すると入金した金額すら出金できなくなるケースもある。

このようにXMの出金方法は複数あっても、最終的に利益分を出金するのであれば海外銀行送金を避けては通れない実情を覚えておくべきだろう

海外銀行送金

XMの出金方法で最もポピュラーなものが海外銀行送金だ

特に海外銀行送金は利益分を出金できる最大の特徴があるため、いずれは海外銀行送金を活用することになるだろう。

メリット

海外銀行送金のメリットは、以下のものを挙げられる。

  • 利益分の出金が可能
  • 出金先として常に利用できる安心感
  • 新たな資金管理先を増やさなくてすむ

それでは、各メリットについて詳しく解説していこう。

利益分の出金が可能

上述した通り、XMで利益分の出金に対応しているのは海外銀行送金だけである

他の出金方法では利益分の出金ができないので、海外銀行送金のサービスを活用しないかぎりは永遠に利益を得ることはできない。

過去には他の出金方法でも利益分の出金ができたが、現在は海外銀行送金しかないので、その点が最大のメリットになるだろう。

出金先として常に利用できる安心感

海外FXはあらゆる面で厳しい側面があり、ウォレットサービスが突然利用できなくなることも珍しくない。

XMは過去にbitwalletは利益分の出金ができたり、i-accountというオンラインウォレットが利用できたりしたが、今では利用できなくなった

このように海外銀行送金以外は突然使えなくなる恐れがあり、せっかく会員登録したのに無駄に終わってしまうこともある。

その点、海外銀行送金は使えなくなるということは基本的にないので、利用するうえでの安心感が非常に高いだろう。

新たな資金管理先を増やさなくてすむ

オンラインウォレットサービスやクレジットカードは便利だが、会員登録をしたりパスワードを管理したりしなければならない。

複数のサービスを利用すればその都度用事が増え、資金管理が悪い意味で分散してしまってわけがわからなくなる恐れがある

一方、銀行口座はXMだけでなく日常生活でも使えるため、仮にXMで使えなくなっても今後利用することはできる。

このような理由から銀行口座だけで入出金をするかぎりは、使えなくなるというリスクを回避できるメリットを得られるだろう。

デメリット

海外銀行送金のデメリットは、以下のものを挙げられる。

  • 出金額2万円未満は手数料3,000円が発生する
  • リフティングチャージ・着金手数料が発生する
  • 出金が反映されるまで数日かかることがある
  • 出金に利用できない銀行がある

それでは、上記に挙げたデメリットについて詳しく解説していこう。

出金額2万円未満は手数料3,000円が発生する

海外銀行送金は出金額2万円未満では、手数料として3,000円支払う必要がある

これは銀行の着金手数料とは別の手数料で、XMに支払う手数料だ

回避方法は出金申請する場合、最低でも2万円以上にすることだ

また、銀行の着金手数料を考慮すれば、なるべくまとまった金額で出金することが望ましく、数十万円以上での出金を検討するべきだろう。

リフティングチャージ・着金手数料が発生する

リフティングチャージとは、通貨を両替せずに海外送金する際の手数料である。

このリフティングチャージと着金手数料をまとめて約3,000円~5,000円程度だ

決して割安とはいえない手数料になるので、出金はこまめにするよりもまとまった金額で出金したいところだ。

また、住信SBIネット銀行や楽天銀行は外貨送金の手数料が少し抑えられるので、所有していれば積極的に利用していくべきだろう。

出金が反映されるまで数日かかることがある

海外銀行送金は、出金申請して銀行口座に着金するまで2営業日~5営業日程度の時間がかかる

オンラインウォレットサービスでは当日中に着金することも珍しくないので、比較すると海外銀行送金の着金スピードは遅い

しかも年末年始や長期祝日等の平常とは異なる時期は、数週間後にようやく着金という場合もある。

XMの海外銀行送金で出金する際は、ある程度の時間は覚悟しなければならないだろう。

出金に利用できない銀行がある

XMの海外銀行送金では、出金先として指定できない銀行がある。

該当する銀行は、以下のとおりだ。

  • ゆうちょ銀行
  • セブン銀行(SWIFTコードなし)
  • じぶん銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店のみ)
  • 新生銀行
  • ジャパンネット銀行

上記の銀行はどれも国内で利用するかぎりは利便性が高いが、XMの出金には利用できないので注意するべきだ

銀行によっては着金するたびに電話確認を行っている

これはXMに限らず海外送金全般にいえることですが、銀行によっては着金した段階で確認の電話が掛かっていることがあります。「送金の目的はなんですか?」「今後も同じ業者から継続的に送金される予定ですか?」など質問されるので、「海外のFX業者からの送金です」と簡潔に答えれば問題ありません。

煩わしい電話確認をパスしたい方は、電話確認を行っていないソニー銀行住信SBIネット銀行へ引き出すか、bitwalletを挟むと良いでしょう。

最低出金額は10,000円

海外送金で出金する際の最低出金額は10,000円です。10,000円に満たない出金はできません。

公式サイト:
XMTrading┃口座開設ボーナス実施中!

海外送金による出金手続きの流れ

XMのログインページからマイページへアクセスし、「出金」ページの出金方法一覧より「International Wire Transfer」を選びます。

出金 銀行選択

入力フォームが現れるので、一つずつ埋めていきましょう。「全角カナ表記」と書かれたもの以外は全てローマ字表記です。「IBAN」の欄には出金先口座の支店番号(3桁)と口座番号(7桁)を合体させた10桁の数字列を入力します。

XM銀行出金 名前

「受取人銀行」のフォームには、出金先口座の情報を入力します。今回の例ではソニー銀行の情報を入れました。SWIFTコードや銀行の所在地等が分からないときは「OO銀行 海外送金」と検索すれば見つけられるでしょう。

XM銀行出金 銀行詳細

「中継銀行」が存在する場合は、その情報を「仲介銀行(該当する場合)」のフォームへ入力します。ソニー銀行の場合は三菱UFJ銀行が中継銀行となっていますので、その情報を入れました。

中継銀行

最後に出金額を入力し、「リクエスト」ボタンをクリック。

銀行出金 リクエスト実行

Bitwallet

Bitwalletはオンラインウォレット系サービスだ

オンラインウォレットの中では海外FX業者で採用していることも多く、XM以外の海外FX業者を利用する場合にも利便性は高い。

知名度も高くオンラインウォレットの中では、比較的安心して利用できるサービスだろう。

それでは、Bitwalletのメリットとデメリットについて詳しく解説していく。

メリット

Bitwalletのメリットは、以下のものを挙げられる。

  • 国内銀行へ出金する際の手数料が安い
  • 1~2営業日で銀行口座に着金
  • 他の海外FX業者でも利用できる
国内銀行へ出金する際の手数料が安い

Bitwalletで国内銀行へ出金する際の手数料は、基本的に824円だ

場合によっては、4800円の手数料が発生することもあるが、これはまずない。

このように国内銀行口座への出金手数料が安いので、手数料を抑える観点からBitwalletを利用するメリットは充分あるだろう。

取引回数を増やしていけば、手数料が最大50%offの412円となるので、非常におすすめだ

1~2営業日で銀行口座に着金

国内銀行口座に着金するまでの時間は、遅くても2営業日程度だ

これはかなりスピーディに出金できる部類で、オンラインウォレット系サービスの大きなメリットになるだろう。

すぐに銀行口座に出金しなくても、いざお金が必要になってから出金申請をしても構わないという安心感を得られるのではないだろうか。

他の海外FX業者でも利用できる

Bitwalletは、XM以外の海外FX業者でも利用可能だ

具体的には、以下の海外FX業者がBitwalletに対応している※。

※海外FX業者は出金方法が頻繁に変わるため、都度確認が必要。

  • XM
  • TitanFX
  • iForex
  • FBS
  • GemForex
  • Tradeview

海外FX業者は入金ボーナスキャンペーンを定期的に行うため、そういった入金ボーナスキャンペーンが開催しているときは、積極的に入金して利用したい。

もしもBitwalletを利用していれば、資金管理を一元化できる

たとえば、入金キャンペーン開催中に一定の利益が出れば入金額分はBitwalletに出金しておけば、他の海外FX業者の入金キャンペーン開催時にすぐに入金できる。

これは便利なだけでなく入金したお金を守ることにも繋がり、とりあえず入金額分だけはBitwalletに出金しておくことが望ましいだろう。

デメリット

Bitwalletのデメリットは、以下のものを挙げられる。

利益額の出金はできない

Bitwalletの唯一のデメリットは、利益額の出金ができないことだ

以前はXMで利益額の出金に対応していたが、現在は未対応である。

ただ、これは他のオンラインウォレット系サービスでも同じことで、Bitwalletだけのデメリットではない。

出金手続きの流れ

XMのログインページからマイページへアクセスし、「出金」ページの出金方法一覧より「bitwallet」を選びます。

出金 bitwallet選択

出金元の「XM口座ID」と「XM口座名」を確認したうえ、「Bitwallet口座(Eメール)」の欄にbitwalletの登録メールアドレスを、「出金額(JPY)」の欄には出金額を円建て(小数点第2位まで表示)を入力し、「リクエスト」ボタンをクリック。

bitwallet メールと出金額

送金申請はすべてXMのスタッフが手動で処理していますので、少々時間が掛かります。とはいえ通常24営業時間内、早いときは1時間経たぬうちに着金するので、海外送金とは比にならないほどスピーディー。

bitwallet側から「個人間資金移動による入金受理完了」というメールが届いたら出金完了です。あとは必要に応じてbitwalletの口座から国内の銀行口座へ引き出しましょう。

クレジットカード

入金方法ではクレジットカードの利用は非常に利便性が高いが、出金方法になるとメリットだけではない

XMで使えるクレジットカードのブランドは、VISAとJCBがある。

しかし、XMの出金に対応しているのはVISAしか選択できない

それでは、クレジットカードのメリット・デメリットを解説していこう。

メリット

クレジットカードのメリットは、以下のものを挙げられる。

  • 出金申請が簡単にすむ
  • 手数料無料で出金できる

クレジットカードの出金は、キャンセル返金として処理される

したがって、銀行出金のように詳細な情報を入力する必要はなく、出金申請にて金額を入力すれば自動的に入金したクレジットカードに出金される。

煩雑な手続きがなく出金したい場合は、クレジットカードを利用するメリットが充分あるだろう。

出金手数料無料で出金できる

クレジットカードの出金は返金処理になるため、手数料は発生しない

海外銀行送金にせよオンラインウォレット系サービスにせよ、なんらかの形で手数料は発生してしまうが、クレジットカードは完全に無料だ。

出金手数料は支払いたくない場合は、クレジットカードの利用が望ましいだろう。

デメリット

クレジットカードで出金する際のデメリットは、以下のものがある。

  • 利益額は出金できない
  • 着金まで時間がかかる
  • 出金は1年以内しか対応していない
利益額は出金できない

クレジットカードは返金処理での出金になるので、利益額の出金はできない

利益額の出金ができないため、利益になった金額は他の出金方法と同じように海外銀行送金を利用しなければならない

他のオンラインウォレット系サービスでは、今後利益額の出金が再開する可能性はあるが、クレジットカードに関してはそのシステム上絶対にあり得ないことは断言できる。

着金まで時間がかかる

クレジットカードは出金申請をしてから最大2ヶ月も反映しない

各社の出金申請してからの反映時間については、以下の表を参考にしていただきたい。

デビットカードでの出金はそれなりにスムーズに行えるが、クレジットカードは対応が遅いデメリットがある

出金を少しでも早くしたい場合は、入金時にデビットカードを利用するほうが出金時にメリットを得られるだろう。

出金は1年以内しか対応していない

クレジットカードの出金は、入金後1年間しか対応していない

したがって、1年以上の期間が空いてしまうと海外銀行送金を利用する必要がある。

対処法としては定期的に出金すれば1年間の空白が開かずにすむだろう。

幸いクレジットカードは出金手数料が発生しないため、頻繁に出金することに対する問題はまずないはずだ。

カード出金の手続きの流れ

XMのログインページからマイページへアクセスし、「出金」ページの出金方法一覧より「Credit/Debit Cards」を選びます。

出金カード設定

出金元の「XM口座ID」と「XM口座名」を確認したうえ入金額を記入し、「リクエスト」ボタンをクリック。

出金額リクエスト

XMで出金できない時の対策

XMで出金できない場合は、いくつか原因がある。

出金できない原因
・別名義の口座へ出金しようとしている

・出金後の証拠金維持率が150%以下になってしまう出金申請
・週末(土曜5:50~月曜6:05まで)に証拠金レベルが400%以下になってしまう出金申請
・口座を有効化していない
・海外送金以外の出金方法で、入金額以上の出金申請をした場合

上記に該当していないか今一度確認し、再度、再度出金申請を行ってみよう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました